在学中の留学生のみなさんへ

国際交流・留学トップ > [在学中の留学生のみなさんへ] 7 緊急・災害時等の対応マニュアル

7 緊急・災害時等の対応マニュアル

緊急時の連絡

 緊急時には電話で警察署(盗難、犯罪)“110番”、消防署(火事、救急車)“119番”に連絡しましょう。
大学の緊急連絡先:学生支援課留学生担当 0742-27-9148

盗難

 学外で盗難(犯罪)にあったときは、すぐに“110番”、に連絡をして、警察の指示に従ってください。
 学内での盗難(紛失)のときは、学生支援課留学生担当に連絡してください。
 クレジットカード、銀行の通帳、キャッシュカードを盗まれた(紛失した)ときには、すぐに銀行に連絡して口座をストップしてもらう必要があります。同時に警察にも届け出てください。

交通事故

 自転車や歩行者と車の接触事故が頻繁にあります。十分注意してください。もし、けが人がでたときは、すぐに119番に連絡して救急車をよんでください。
 110番で警察にも連絡し、場所や状況を知らせましょう。
 相手の名前、勤務先、電話番号、事故を起こした車のナンバー、保険加入の有無を必ず確認してください。できれば目撃者の名前、連絡先も聞いておきましょう。
 警察がきたら、警察官の指示に従ってください。

火事

 消火器のある場所を必ず確認しておいてください。また、防火訓練には必ず参加してください。
 火事を発見したら消火に努め、不可能と判断したときは、すぐに119番に連絡し消防車をよんでください。近所の人にも大声で火事を知らせてください。

地震

 日本は地震が多い国ですが、地震にあってもあわてず落ち着いて行動することが大切です。
 日頃から最寄りの避難場所をチェックしておきましょう。
 地震が起きたら、電気、ガスをきちんと止めて、火災を防ぎます。
 パニックになることが一番危険です。頭を保護し落ち着いて避難してください。

台風

 日本には、7月から9月にかけて、強風と大雨をともなう台風があります。停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオを用意しておきましょう。
 ベランダに物が置いてあると飛ばされることがあるので、屋内にしまうか固定しましょう。むやみに外出せずに、気象情報に注意して適切に行動しましょう。

PAGETOP