奈良教育大学 教職大学院 平成20年4月開設
大学院教育学研究科(専門職学位課程)教職開発専攻

奈良教育大学は、今日的な教育的要請に対応できる『実践的指導力(専門性と実践力)のある教員』を養成するため、 平成20年4月に大学院教育学研究科(専門職学位課程)教職開発専攻(「教職大学院」)を開設しました。

実践的な指導力!
<教育の理論と実践との往還を通じて、自らの課題を解決していきます>

〜新たな大学院教育のスタートに向けて〜 学長メッセージ

この度、文部科学省から本学大学院教育学研究科に教職大学院(専門職学位課程教職開発専攻)の設置が認められることとなりました。

教員養成において、従来の修士課程に加えて新たな専門職大学院(教職大学院)が制度化され、本学では、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会等との連携・協力のもと、これまで各方面で検討を重ねて参りました。

平成20年4月の“教職大学院”のスタートにおいて、全国に先駆けて開設できることは、本学にとって大変意義深く、その責任は極めて重いものと真摯に受け止めております。

本学教職大学院は、その目的を、「学校教育における複雑かつ高度な課題解決に向けて、フィールドベースの履修を通して教科と教科外の教育を一体化させ、個人としてだけでなく組織としても取り組むことができる教育実践指導力を高め、地域の中核となるスクールリーダーや有能で実務経験豊かな新人教員を養成する」ことと定め、それを具現化すべく様々な努力をしてきたことが、深くご理解いただいたものと、関係の皆様方には厚く御礼申し上げます。

教職大学院の設置に伴い本学大学院教育学研究科は、修士課程と専門職学位課程(教職大学院)の二つの課程を置くこととなり、「修士課程」においては、教育の理論と実践に関する専門領域・分野を持つ教員等を養成することを目的とし、これらがその特徴を生かし、また、協働していくことで、それぞれ教育現場、社会等において貢献できる多様な人材を育成できるものと確信しております。

修士課程においても改組し、新たに“地域と伝統文化”を取り入れた教育プログラムの開発など、本学は、新たな大学院教育を進めて参りますので、今後とも、一層のご理解、ご支援等賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

平成19年11月27日

国立大学法人 奈良教育大学長 柳澤 保徳

奈良教育大学教職大学院の概要

資料・リンク

お問い合わせ


奈良教育大学ホームへ