教育資料館 展覧会のご案内



  西野 愼二 自選展 −彫刻作りは、人づくり−

  平成25年11月15日(金)〜29日(金) 10〜17時

  (期間中は土日も開館します)

   ◆入場無料◆

  手で触れて見ることができます

画像をクリックすると大きい画面(.PDF)になります。


 この度、教育資料館で作品展をすることになりました。
 ただこの展覧会は、ただの美術個展ではありません。一つの教育へのメッセージです。
 私は、大学卒業後院生の時に創立したばかりの中高一貫校の美術の講師を兼ねていました。その教え子から、先日第一期生の私たちは今年50歳になりましたと同窓会の案内をいただきました。
 彫刻家のつもりでいるのですが、二足のわらじで35年教員を続けることができました。いまで言う即戦力の先生ではなかった、やっと一人前の先生になって来られたかなと思います。奈良教育大学に着任してからも24年になってしまいました。生徒や学生に学ばせてもらった。
 自分のような彫刻などというだんだん制作者人口の減っている分野や手仕事は、絶滅危惧種です。いらない人なのかなと弱気になったりします。
 しかしながら、学校や社会のいろいろな場面で様々な個性の人が必要だと思います。適材適所。
 日本人の世界での強みは、科学や工学ですがそれを支えているのは、ナノ単位の職人の技と工夫だと言われています。ヨーロッパやアメリカに憧れて、留学し訪ねて影響受けて真似できないな、負けたなと思いました。でも、自分らしいもの日本人だからできることをグローバルに勉強していこうと考えるようになりました。
 さて、今回の展示では木彫、ブロンズ、鉄、アルミ鋳造、溶接、樹脂(乾漆)の作品を見ていただきますが、意味がよくわからないという方がいらっしゃるかもしれません。彫刻の鑑賞力を育てるのにも時間がかかります。
 素材と技法や道具だけでも見て何か感じ取ってください。
 やっぱりお弟子さん?デッサンからやらないと一人前にならないのと違うか。
 多方面の方々、異なった分野の多数の方からのご高覧をいただきご助言ご指摘いただけると幸いです。

   平成25年11月吉日  西野 慎二 拝



◆交通アクセス◆   ◆キャンパスマップ◆
E教育資料館 が会場です。
本学へは公共交通機関をご利用ください。
近鉄奈良駅・JR奈良駅より市内循環バス(約10分)で高畑町(奈良教育大学)下車。

■ 問い合わせ先

奈良教育大学 学術情報教育研究センター 教育資料館
E-mail: chme
電話:0742−27−9297


教育資料館のページへ
奈良教育大学ホームへ