VPN サービス (SSL-VPN) の開始 2009/02/24

 学術情報研究センターでは、平成21年2月のシステム更新において、学内のコンテンツを学外から、より安全に、簡単にご利用いただけるようにするため、VPN (SSL-VPN)システムを導入いたしました。

 このVPNサービスではブラウザを利用して、学内限定情報(PRIVATE)にアクセスすることができます。

VPN
Virtual Private Network:学外から、大学内のネットワーク(Private Network)にアクセスすること。自宅のPCが、あたかも(Virtual)学内ネットに接続されているかのようになること。
SSL
Secure Socket Layer:アクセスをブラウザーから行うための方式(Socket Layer)。通信相手が大学のネットワークであることが保証され、かつ通信が暗号化されるため安全性が確保される(Secure)。

すぐにVPNを利用する


VPNを利用するには

  1. ブラウザから、 https://secure.nara-edu.ac.jp/ にアクセスします。


     ブラウザには、以下のような表示がされますが、これは接続先が奈良教育大学のサーバであり、通信が暗号化されているという意味です。
    InternetExplorer7.0の場合: 
    FireFox 3.0の場合: 


  2. 「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、「利用者区分」はSTAFF(教職員)かSTUDENT(学生)を選択し、「サイン イン」をクリックすると、以下のようなメニューが表示されます。

    ※このページが現れる前に突然ブラウザが閉じてしまうことがあります。
     そのような場合はJAVAのバージョンを最新の状態にしてください。
     JAVAのアップデートはコントロールパネルより行うことができます。


     下のような表示になるときは、他のPCから接続したままになっている(サインアウトしていない)ということですので、「セッションを続行」することで、他のPCからの接続を終了させ、このPCからの接続を行うことができます。


  3. 以上の操作で接続は完了です。
    大学トップページをクリックすると、新しいウィンドウで大学のホームページが表示され、学内限定情報(PRIVATE)についてもアクセスすることができます。

    また、教育用ファイルサーバーの X: Y: Z:ドライブのファイルにアクセスすることができます。


     なお、ブラウザのURLを確認すると、https://secure.nara-edu.ac.jp/・・・ となっており、SSL-VPNサービスを利用した通信であることが確認できます。


  4. 接続の終了は「サインアウト」ボタンをクリックします。


     終了時に下のようなセキュリティ警告が表示されますが、SSL-VPN接続に利用するアプリケーションの発行者とダウンロード元を表示しており、「この発行者からのコンテンツを常に信頼します。」にチェックを入れて実行することで、次回からは表示されません。


    VPNを利用する

 

■お問い合わせ  学術情報研究センター 情報館 0742-27-9703 ipc