原口勝海元教授作品展の開催について


 平成10年度教育資料館特別展示として、平成10年11月21日から23日の3日間「原口勝海作品展」を開催した。
 先生は、奈良学芸大学学芸学部芸術科を卒業され、昭和33年11月奈良学芸助手になられ、長年にわたって研究教育に尽くされ、多くの教育者を育てられるとともに、本学学生課長等大学運営に努められ、本学発展に寄与されました。また、ご退官後も創作活動を続けられお元気でご活躍されています。
 作品展開催中は、原口先生は毎日おいでくださって、来館者の質問や感動の話のお相手をしてくださり、大好評で多数の来館者がありました。
 なお、出品作品は次のとおりです。また展示後「大湯屋」「校倉」「彫塑だまり」の3点の寄贈を受けました。紙面をかりて御礼申し上げます。

    原口勝海作品展 展示作品5点

  1. 「大湯屋」(冬陽)80号F(油彩)1976年(昭和51年)作
    <弟63回光風会展・県立美術館 "静中の動" 展出品>

  2. 「校倉」     100号F(油彩)1981年(昭和56年)作
    <光風会京都作家展・県立美術館 "静中の動" 展出品>

  3. 「彫塑だまり」  80号F(油彩)1990年(平成2年)作
    <第76回光風会展出品>

  4. 「ナース」    6号F(油彩)1968年(昭和43年)作
    <碧竜会−冬会作家展−大阪梅田東宝画廊出品>

  5. 「当麻路」    20号F(油彩)1976年(昭和51年)作
    <奈良県美術展覧会(招待作品)出品>

資料館だよりへ   資料館のホームページへ   大学のホームページへ