近代音楽の濫觴 〜箏曲教育の周辺〜

久保田 敏 子

 周知の通り、日本初の公的音楽教育研究機関としては明治12年(1879)創設の音楽取調掛があり、当初は洋楽のみならず邦楽教育をも視野に入れた音楽教育を目標としていた。
 私立では山田源一郎(1869〜1927)が明治36年に女子音楽学校(昭和2年より日本音楽学校)を設立。以後東京では明治40年(1907)に東洋音楽学校(昭和33年より東京音楽大学)をはじめ、女子体操音楽学校、東京音楽院などの私立が続々と誕生したが、いずれも洋楽一辺倒の教育機関であった。
 一方、辞事典類における関西での近代女子音楽教育の嚆矢とされるものは、明治 39年(1906)神戸女学院音楽部の新設(学院自体は 10年に発足)。昭和27年より神戸女学院音楽部)であり、同年に大阪の相愛高等女学校の中に大阪女子音楽学校(昭和33年に相愛女子大学音楽部、現・相愛大学)が開設されていたのを見落としている場合が多い。
 この大阪女子音楽学校の設立に深く関与したのは大村恕三郎(1869〜1952)であった。大村はドイツ文学者・大村仁太郎の弟で、雅楽家で新劇俳優の東儀鉄笛(1869〜1925・早稲田大学学歌「都の西北」の作曲者)の従兄弟にあたる。
 大村は10歳の時から宮内省に出仕して雅楽と洋楽とを修得。明治 26年には兄が校長を務めていた獨逸学協会学校(現獨協大学)の音楽教師や東京高等師範学校(現筑波大学)のフルート講師も兼任した。
 10年後、宮内省雅楽師兼楽師になったが3年で退官。大阪に出て女子音楽学校を設立後はその主事を務め、さらに大阪市立盲学校教官も兼ねた。さらに彼は、初代中尾都山(1876〜1956)が編纂した尺八曲のヴァイオリン譜や、初世菊田歌雄(1879〜1849)が編纂した箏曲のヴァイオリン譜の監修も行った他、明治 45年(1912)には大阪音楽協会を設立して、大阪市における音楽演奏会開催に先鞭をつけた。
 大村恕三郎の尽力で設立された大阪女子音楽学校での教育のうち非常に特異なことは、伝統音楽の一つである箏曲をいち早く正規の教科として導入したことであった。
 これはわが国の正規の学校教育で箏曲による音楽教育を行った最初の例であり、文部省の言う「日本伝統音楽を学校の音楽教育の場に導入」した嚆矢でもある。最初の箏曲科教員として迎えたのは菊田歌雄であった。
 辞令は毎年出されたらしく、戦禍で散逸してはいるものの菊田家には幾つか遺っている。古いものは大正5年4月13日付の私立大阪女子音楽学校長・大野開蔵からの辞令である。
 また大正10年4月12日付には「自今月俸金五拾円支給ス」とあり、かなり高給であった。
 ところで、菊田歌雄の名は地歌箏曲伝承上の芸名である。歌雄は男性名ながら、明治大正時代の近代音楽教育の黎明期に活躍した酒豪の女傑であったが、今その業績を知る者は少ない。
 今回、戦禍を免れて菊田家に遺されていた未発表資料を整理する機会を得たので、それを踏まえながら菊田歌雄と近代音楽教育としての箏曲教育の一部を紹介する。
 菊田歌雄の本名はウタ、前名吉田ウタ。姫路城主酒井雅楽守の家臣で江戸詰家老初代吉田常右衛門の孫。明治 17年、吉田ウタは生母の弟で、大阪船場の菊田勾当八重都(本名彌三郎)の養女になり、菊田ウタと名乗った。
 養女になった直後から養父菊田勾当に師事して箏曲、三弦、胡弓の修業をした。さらに養父の方針からヴァイオリンとピアノのレッスンも平行して受けたが、これは後にヴァイオリン用の箏曲五線譜を出版する要因となっている。
 明治 27年、船場淡路町の汎愛高等小学校を卒業。同年より地歌箏曲の教授活動を開始した。明治新政府になって廃止された当道職屋敷の組織を再編すべく結成された「地歌業仲間」が、明治 38年に「当道音楽会」に改組されると同時にその役員に選任され、昭和 15年病気で辞任する迄、各種役員を歴任した。
 この当道音楽会では、従来の口伝中心の教育法を改めて楽譜の使用を奨励したが、各流各派の会員のために記譜法の統一を図る必要があった。
 歌雄は大正 10年以来その統一楽譜の作成に尽力し、作曲活動にも従事した。しかも当時は箏曲と平行してインテリ女性の間にヴァイオリンが流行していたので、ヴァイオリンでも演奏できるようにと考え、箏曲を五線譜化した。
 同じ頃、中尾都山も尺八パートを五線譜化した他、当時の出版目録にはかなりの数の邦楽曲の五線譜が掲載されている。しかし大戦で散逸してしまい、菊田家も中尾家も全曲は揃っていない。
 また、当道音楽会は「日本当道音楽学校」を付設していて、会員を召集しては講習会を行っていた。歌雄も大正2年10月5日付で同学校長杉浦平吉(1853〜1938。芸名中平福之一)から、証書番号第十番の修了証を授与されている。ただし杉浦はこの学校の運営論争がもとで大正4年に当道音楽会を脱退し、3年後に「大日本当道音楽会(現・日本当道音楽会)」を新たに組織している。
 さらに歌雄は、大正9年9月から大阪市立盲唖学校教員を嘱託され、点字楽譜による音楽教育に先鞭をつけた。同校に提出した歌雄自筆の履歴書控えと、大阪市役所発令の辞令も遺っており「月手当二十五円支給」とある。さらに5年後の 11月 13日付の辞令によると「大阪市立盲学校教諭ニ任ス。十一級俸支給」、昭和4年6月付の紙片には「昭和四年度上半期中職免勵ニ付金拾五圓賞與相成候。大阪市立盲学校長宮島茂次郎」とある。
 昭和6年9月 12日付には「大阪市立盲学校教諭菊田歌雄 願ニ依リ本職を免ス」との令状が大阪府から出されており、同年 11月 19日付で「元大阪府大阪市立盲学校教諭菊田歌雄一時恩給金貳百八拾圓。右恩給法ニ依リ之ヲ給ス」という大阪府の恩給裁定通知書も遺っている。恐らく多忙をきわめたための退職かと推測される。
 昭和8年になると、当道音楽会を中心に全国の公立女学校に正規の箏曲科を設置する運動が起こった。歌雄は菊原琴治(1878〜1944)らと早速「箏曲振興既成同盟会」を結成。
 昭和9年2月 11日大阪市中央
公会堂で決起大会を開催して、すべて自弁で文部省に陳情した。請願書には「我等ハ古来家庭音樂トシテ伝統セル日本音樂箏曲ヲ學校ノ教科目トシテ國粋ヲ保存シ併セテ斯道者ノ生活擁護ニ資セントス」とあり、請願要旨には「政府ハ日本在来ノ音樂ヲ保護シ且ツ学校ノ教科用トナスヘキ途ヲ講ゼラレンコトヲ望ム」とある。
 その請願理由は「我帝國ノ世界ニ飛雄シ列強ニ伍シテ活躍セルハ物資ノ豊富ナルガ為メニアラス。又機械文明ノ卓絶セルカ為メニモアラス。實ニ國民精神ノ優秀ナルニ因ル。然ルニ今ヤ青少年ハ滔々トシテ欧米ノ風習ニ怩ミ、國風ノ前途寒心ニ堪ヘス。我日本音樂ハ其ノ由来スル所遠ク高尚優雅ナル風韻ヲ傳ヘテ永ク國風ヲ育成スル所アリシニ近時之ニ親ムモノ漸ク少キハ蓋シ學校ニ於テ専ラ洋樂ヲ採用セル結果ニ外ナラス。茲ニ於テ我等ハ日本在来ノ音樂ヲ學校ノ教科目トシテ弘ク國民一般ノ嗜好ヲ復舊セシメ以テ國民精神ノ保存満養ニ資ス。旁ラ日本音樂ヲ職トセル多數斯道者ノ生活ヲ擁護セントスルモノナリ」ということであった。
 その結果、昭和 10年には公立女学校に正規の科目として箏曲が認可されるようになったが、さしあたってはその指導者を育成する教員養成機関が必要となり、当道音楽会本部の在った大阪江戸堀に「箏曲音楽学校」が設立された。
 陳情運動としては、かなり迅速な展開であった。学校長は菊原琴治で、菊田歌雄も4月10日付で正規教員として安井英二大阪府知事から辞令が出ている。詳細資料は大戦で焼失したが、同校の第一期卒業生で卒業後は大阪府立泉尾高等女学校、次いで和歌山県立高等女学校に箏曲科の正式教員として赴任した菊原初子( 1889年生、現人間国宝)の記憶では、修養年限は一年で、通常の学校のように講義も含めたカリキュラムが朝から夕方までびっしりと詰まっていたという。
 こうした努力にもかかわらず、実際に正規の箏曲教科員を派遣し得たのは関西周辺の僅かの学校に留まっていた。しかも戦後の学則改革で箏曲音楽学校は消滅し、十分な活動を展開するには至らなかった。
                (音楽科教育)

資料館だよりへ   資料館のホームページへ   大学のホームページへ