奈良教育大学学術リポジトリへのお誘い

リポジトリとは

リポジトリ(Repository)とは貯蔵庫の意味です。
奈良教育大学における研究・教育の成果を、大学が責任を持って貯蔵(reposit)し、インターネットによって公開します。
リポジトリに登録された成果は、概要だけではなく、その全文が公開されます。
また、[google]から検索することができます。

リポジトリへの登録

リポジトリへ登録しようとする成果物(コンテンツ)をお持ちの方は、学術情報研究センター(以下 センター)にお知らせ下さい。
登録可能なコンテンツは、論文、報告、実践記録、作品の写真、ビデオ、ポスターなど研究教育に関する資料全般です。
ファイルの形式は問いません。(Word、Excel、一太郎、PDF、TeX、画像、動画 ... etc)
提出されたファイルは、センターでPDF化して登録します。
電子媒体のファイルがない場合は、印刷媒体でかまいません。

著作権処理の実際

リポジトリへの登録に際して、著作権が適切に処理されている必要があります。

学内刊行物の公開

リポジトリは、学内刊行物の公開と保存のためのプラットフォームとしても機能しています。
新たに報告書等を刊行する場合は、以下の「学内刊行物の本学学術リポジトリへの登録・公開について」をご覧ください。
また、過去に刊行された紀要等の電子化公開を進めています。
 参考:国立情報学研究所平成21年度CSI委託事業報告交流会(コンテンツ系)成果報告(ポスターセッション)資料[PDF]

奈良教育大学教員研究データ検索との相互リンク

奈良教育大学教員研究データ検索」の「学術論文・報告書一覧」からリポジトリのコンテンツへ、またリポジトリの著者名から「奈良教育大学教員研究データ検索」の研究者情報へと相互にリンクが設定されます。
これには論文情報が「奈良教育大学教員研究データ検索」に掲載され、かつリポジトリにコンテンツが登録されている必要があります。
上記の条件を満たしているにも関わらずリンクが設定されていない場合は、下記の問い合わせ先にお知らせください。

機関リポジトリの動向

国内外の多くの大学等で機関リポジトリが構築されており、国内では、平成22年12月現在136の機関リポジトリが運用されています。
国内機関リポジトリ一覧(国立情報学研究所)

本学では、平成18年12月からの試験運用をへて、平成19年3月より本運用を行っており、平成22年12月現在2,200件を越えるコンテンツが登録されています。

登録同意書書式等

お問い合わせ

奈良教育大学 図書館 0742-27-9137 lib-service

奈良教育大学学術リポジトリ [NEAR]Nara University of Education Academic Repository

奈良教育大学ホーム