本文へスキップ
HOME お知らせ リンク
こどもパートナー
2015年9月12日(土) こどもパートナー養成講座 開講

会場:奈良教育大学 管理棟2階 会議室

時間:10:00~17:00

対象:子どもの教育に関係する高校生・大学生・社会人のボランティアスタッフ

費用:受講料無料
(※任意で取得できるこどもパートナーの認証料は別途2千円必要)


申込:要申込み

                   
メール・ファックス・お電話のいずれかにてお申込み下さい。
            Email:kyoikushien@nara-edu.ac.jp ℡・Fax:0742-27-9289
 
 
   件名:2015年度こどもパートナー養成講座申込み
           
            本文:お名前(ふりがな)、ご所属、お電話番号
、メールアドレス

新しい       
資格・認証制度
 こどもパートナーとは?

地域・・・”学校・公民館・児童館・青少年会館等”において、
子どもと共に自らも生涯学習を実現しようとする活動に参加する人で、
なおかつ、現代の子どもの成長・発達の支援に必要となる
「こどもリテラシー」(★)をもっている方々に与えられる認証資格です。

 ★) こどもリテラシー
   現代の子どもの行動・言動の背景にあるものを読み解き、
   子どもの人権を尊重し配慮しながら、子どもと共に育ち、
   豊かなコミュニケーションを生み出す力を指す。

「こどもパートナー」
養成講座
「こどもパートナー」の資格取得には?

「こどもパートナー養成講座」を受講し、資格申請の手続きを行うことで、
「こどもパートナー」の資格を取得できます。


こどもパートナー養成講座とは?

 こどもパートナー養成講座は、4つの講義によって構成されています。



教育支援原論(60分) 個人情報、守秘義務、教育支援者の倫理
こども理解論(60分) 子どもの心の健康、発達障がい
現代のこども・教育事情論
(60分)
現代社会の特徴、不登校対応 
 こどもへの接し方(60分) 非言語コミュニケーション・ツールの活用
※ 一つ目の講義に先立って30分のオリエンテーションを行います。
 信頼ある     
資格・認証元

教育支援人材認証協会(JACTES)とは? 

こどもパートナーの資格を認証する機関が、
「一般社団法人 教育支援人材認証協会」です。

地域の教育支援活動を一層進める目的で、
全国の国立大学や私立大学が連携し、
2011年に「教育支援人材認証協会」を新設しました。


 こどもパートナー養成講座は、文部科学省平成20年度「戦略的連携支援事業」の選定取組の「6大学連携教育支援人材育成事業」として、東京学芸大学・奈良教育大学・鳴門教育大学・東京成徳大学・白梅学園大学・中国学園大学が開発した全国共通カリキュラムに則って作成されています。 ああああああああああああああああああああああああああああ

 こどもパートナーの養成(資格・認証制度)は、2010年に閣議決定された内閣府「新成長戦略」の七つの戦略分野の一つ、「教育支援人材」のモデルになっています。あああああああああああああああああああああ


 2012年度「こどもパートナー養成講座」の様子
 
開会の辞(加藤久雄副学長)

講義「教育支援原論」(林美輝准教授) 
 
講義「こども理解論」(大久保千恵特任講師)
 
講義「現代のこども・教育事情論」(立石麻衣子特任講師)
   
 講義「奈良県の児童生徒の現状について」(宮廻なをみ客員教員)  講義「こどもへの接し方」(中島純教授)


活動報告

2010年度


 2009年度
スクールサポート研修

特別支援教育研究センターとの連携業務

平城西放課後子ども教室研修会

NPO法人バルシューレジャパンとの連携事業

奈良県「地域の教育力」再生委員会・調査

小平市・小金井市・国分寺市
・東京学芸大学 連携講座への協力