学長挨拶

ホーム 学長挨拶

ホーム

概要
学長挨拶
教職員大学とは何か
アドミッションポリシー
教育について
教職大学院の特色
カリキュラムの特徴
履修スケジュール
取得できる教員免許状
小学校教員免許取得プログラム
特別支援学校教員免許取得プログラム
長期履修学生制度
教員一覧
関連項目
GP関連
教職大学院パンフレット
関連記事
キャンパスマップ
Q&A
連携協力校
  • 入試情報
  • News Letter

教職大学院のパイオニアとして

【写真】奈良教育大学長 加藤久雄

国立大学法人
奈良教育大学長
加藤 久雄

 奈良教育大学は、創立以来の学問・学芸を尊ぶ学風を継承し、高い知性と豊かな教養を備えた人材、とりわけ人間形成に関する専門的力量を備えた有能な教育者を育てることを使命とし、地域の教員養成、学校教育支援、教員研修を担う大学として、地域の教員養成の中核としてその役割を果たしてきました。「奈良学芸大学」(昭和24年から41年)の時代を経て、リベラルアーツの流れを汲む学芸と不可分の本学の教員養成教育は、質の高い教員を送り出すことにその実績をあげてきました。「リベラルアーツの流れを汲む学芸と不可分の本学の教員養成教育」という本学の「特質」は、小規模大学でありながら、昭和58年4月という早い段階に修士課程を設置できたことや、全国に先駆け大学院教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)を設置できたこと(平成20年4月)の礎になったと考えます。

 本学の教職大学院の特色のひとつは、入学時に院生自らが目標とする「学びの4コース」(「学校組織マネジメントコース」「学習指導コース」、「生徒指導コース」、「特別支援教育コース」)の一つを定め、本学独自のカリキュラム・フレームワークによって、専門職業人である教員に求められる水準を明示したアセスメント・ベースの教育課程を構築している点にあります。

 2つ目の特色は、大学と教育委員会が連携して、大学教員と連携協力校教員の下に観察・実習を行い、実践研究を深めるという取り組みです。「理論と実践の往還」ということがよく言われますが、「課題探求・解決実習」は、スパイラルに理論と実践を高めていく学修と研究の場であり、本学教職大学院における「理論と実践の往還」の中核を成すものです。教育委員会のご理解、ご支援を得て、県内の小・中学校が連携協力校となり、「課題探求・解決実習」をはじめとする実習と共同研究を推進していただいていますが、この「課題探求・解決実習」は修了生アンケートでも高い評価を受けています。

 3つ目の特色はデジタルポートフォリオの活用です。デジタルポートフォリオを用いて、それぞれの学びの成果を整理、蓄積していきます。教員は院生の学びの成果を確認しながら、授業や研究指導を行います。ポートフォリオに日常的に記録していくことは大変な作業ですが、学修の節々で振り返り,次のステップに繋いでいく有効なツールです。

 また、研究面では、小規模大学でありながら、「学校問題ネットワーク構築による大学院教育」、「実習到達度を明確にした実践的指導と評価法」研究が文部科学省GPに採択され、「理論と実践の往還」をどのように具体に図っていくか、その方途を求めて恒常的に研究を進めています。

 本学教職大学院が教員養成「修士レベル化」のモデルとなる、という気概をもって、今後も教職大学院の充実に努めてまいります。