教職大学院の特色

ホーム > 教職大学院の特色

ホーム

概要
学長挨拶
教職員大学とは何か
アドミッションポリシー
教育について
教職大学院の特色
カリキュラムの特徴
履修スケジュール
取得できる教員免許状
小学校教員免許取得プログラム
特別支援学校教員免許取得プログラム
長期履修学生制度
教員一覧
関連項目
GP関連
教職大学院パンフレット
関連記事
キャンパスマップ
Q&A
連携協力校
  • 入試情報
  • News Letter

教職大学院はここが違います

奈良教育大学教職大学院では、
  1. 専門的な知識をもとに、「実践できる」力を育てます。
  2. 常に自らの実践を振り返り、よりよい実践を構想する力を育てます。
  3. 教員として学び続けていくことのできる力を育てます。

学びの4コース

プロフェッショナルとしての教師

将来管理職となる者も含め、学年・学校単位や地域単位の教員組織・集団の中で、中核的・指導的な役割を果たすことが期待されます。
本大学院では、次のような学びの4コースを設けています。

  
学校組織マネジメントコース
児童生徒・保護者、同僚にも自分の指導方針についてわかりやすく説明できる教師を養成します。
学校教育の改革推進、調査研究推進にかかわって、学校のリーダーになれる教師を養成します。
  
学習指導コース
学級経営や生徒指導を踏まえて多様な授業(教育)方略を立て、評価し、授業改善に取り組むことのできる教師を養成します。
専門的な知識、技能等を実践の場で多面的に生かし、教科の面白さや有用性を伝えることのできる教師を養成します。
  
生徒指導コース
生徒理解、生徒指導の多様な方法を身につけ、実践の場に活かすことができる教師を養成します。
カウンセリング、キャリアガイダンスに関する知見を生かし、児童生徒・保護者、同僚を支援できる教師を養成します。
  
特別支援教育コース
LDやADHD等の発達障害をはじめとする障害のある児童生徒に対応できる知識を持った教師を養成します。
特別なニーズを持つ子どもに対する指導・支援の具体的な方法を学び、特別支援教育に関する高度な実践的力量を持った教師を養成します。

指導体制

院生が入学時に決めた課題解決に向けて、大学と連携協力校とともに、チームを組み、複数の教員で指導に当たります。

学習の場

大学の講義の外に、連携協力校など大学外で学ぶことが多くあります。

科目の履修

入学時に、院生が修了時までに目指すコース、解決したい課題を教員集団と相談・決定の上、教育課程を確定し、科目を選択履修します。

「カリキュラム・フレームワーク」とは、学びの4コースにおいて、必要とされる資質能力の発展過程を示したものです。各授業ごとに学びの4コースに対応する資質能力規準の目標を定め、院生はその授業で何を獲得するべきか、また教員は獲得させるべき責任を認識して、授業が進められます。

電子ポートフォリオを用いて、それぞれの学びの成果を、テキストだけでなく、映像、写真なども活用しながら整理、蓄積していきます。教員は院生の学びの結果をリアルタイムに確認しながら、授業や研究指導を行います。

修了認定

教育課程の45単位を修得した上で、学生が作成・発表した学位研究報告書の質的レベルをもって、それぞれが選択した学びのコースの基準に照らし、修了の認定を行います。

学位教員免許状

学位は、「教職修士(専門職)」となります。取得できる教員免許状は、現在取得している教員免許状を基礎に、幼稚園、小学校、中学校(各教科)、幼稚園、高等学校(各教科)、特別支援学校の専修免許状を取得することができます。