国立大学法人奈良教育大学
教師力モデル開発プロジェクト
 【正式名称:先端的な教職科目体系のモデル開発プロジェクト】
  平成22‐24 年度 特別経費(プロジェクト分)事業 高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実
               
 
 
 奈良教育大学HOME
 English
 
 HOME
プロジェクト概要 
 
 このプロジェクトでは、教育学部・教育実践開発研究センター・附属学校園の一体的連携のもとに、下記の4つのプロジェクトの遂行と、教師力サポートオフィスの設置をとおして、先端的、汎用性のある教員養成モデルを提案します。

 
プロジェクト概要
 代表者あいさつ
 メンバー紹介
 活動報告
 教師力サポートオフィス
 モデル教室
 シンポジウム・大学祭記録
 リンク
 お問合せ
 学生用ページ
  ◎教職ノートワークシート
ダウンロード
 ◎教師力を育むケースメソッド集
 ◎あなたは教育実習にいけるかな
(教職教養問題集)
 1.深化プロジェクト
 〜ふかめる〜
・3つのキーコンセプト【いきる・つながる・つくる】、5つのキーコンピテンシー【学校教育の課題と把 握・授業力・児童生徒理解と教育実践への具体化・学校と地域社会との連携・職能成長】、場プロセス 省察の軸をもとに「卓越した教師力ルーブリック」を作成
・基礎となる枠組み、観点、評価基準などを明確にし、ケースメソッド(鍵的場面)教材を開発する。
【参考】奈良教育大学 カリキュラムフレームワーク(cuffet)


2.基準設定プロジェクト
 〜めざす〜「卓越した教師力」の学生の目当て
・「卓越した教師力育成のための100冊」(教師力100冊)の選定
・教職検定:3回生実習Tの前に実施し、到達基準の明確化と自己省察を促す仕組みを整える。
・教職ノート:学習履歴を振り返る活動(リフレクション・デイ)において、ワークシートとして活用する


3.教職科目群体系化
 〜つなぐ〜教職科目群と教育実習科目群の往還
・【いきる・つながる・つくる】のキーコンセプトを柱とした、教養科目の充実
・教職専門科目群の段階的な履修により、新任教員としての資質・能力を最終確認する。
・教職専門科目群との連携を踏まえるとともに、実習全体を通して、学内フィールド、介護体験、応用実 習、フレンドシップ事業、学外スクールサポーター等を組み入れる。


4.まなびネットプロジェクト
 〜ささえる〜「教師力」の自己点検・評価
「卓越した教師力ルーブリック」、「教師力100冊」、「教職検定」、ケースメソッド教材の活用などについて、WEB上で多面t系に到達状況を管理し、教員からのフィードバックが可能となるプログラムの開発

Copyright(c)2010-2012 Teachers' Competency Model Development Project, NUE,All Rights Reserved.