ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. イベント情報
  3. その他イベント - イベント情報
  4. 第8回奈良教育大学博物館実習成果報告展
    やるしかない展―筆と着物と紙袋と鹿―
    (12月7日(金)~12月19日(水)/於:奈良教育大学図書館)

その他イベント -

第8回奈良教育大学博物館実習成果報告展
やるしかない展―筆と着物と紙袋と鹿―
(12月7日(金)~12月19日(水)/於:奈良教育大学図書館)

はじめに

 この展覧会は学芸員をめざす学生が自ら企画し展示したものです。今年で8日目を迎えます。例年、本学の教育資料館で開催していましたが、今年は耐震工事の最中ということで、図書館の展示スペースをお借りして開催することとなりました。ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

今回は4つのコーナーで構成されています。

I 「デザイン"か"」

 商品を購入した際に紙袋が使用されます。客が持ち歩くことで宣伝にもなり、デザイン性が高まっています。この紙袋に注目してその種類と歴史を取り上げます。

II 奈良の鹿と人とのかかわり

 奈良は鹿とかかわり深いのですが、よく知らないことも多々あります。かかわりや歴史を調査して展示することで、鹿と人の共生について考えます。

III 奈良から平安へと移りゆく服装

 なぜ奈良時代と平安時代の服装には違いがあるのか。その疑問から始まった企画です。服飾を入り口として、今とは違う昔の生活様式に興味を持ってもらい、文化と歴史のつながりを見ようとします。

IV 筆展

 書道における筆に焦点を当てています。筆にはさまざまな背景と歴史があります。筆作りにゆかりのある奈良に絞って探って行こうとするものです。そこから「書道とは何か」を考えるヒントを得ようとしています。

 それぞれ関心もテーマも異なりますが、歴史という長い時間で見直そうとする点は共通しています。「やるしかない」と言っていますが、照れ隠しした学生たちの真摯な態度をご覧いただければ幸いです。

201812

博物館実習担当
金原正明
巽 善信

ポスターもご参照ください。図録もご参照ください。

【名 称】

第8回奈良教育大学博物館実習成果報告展
やるしかない展―筆と着物と紙袋と鹿―

主催:奈良教育大学博物館実習 

【日 時】

平成30年12月7日(金) ~平成30年12月19日(水) 平日9時~21時 土曜日10時~17時 日曜日休館

【場 所】

奈良教育大学 図書館
(奈良市高畑町/近鉄・JR奈良駅より市内循環バス「高畑町」下車すぐ)

【入館料】

無料

【お問い合わせ】

奈良教育大学金原正明研究室
電話: 0742-27-9190

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.