ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 次世代教員養成センター
  5. [教授]生田 周二(IKUTA Shuji)

大学紹介

[教授]生田 周二(IKUTA Shuji)

職名・氏名 [教授] 生田 周二(IKUTA Shuji) 生田 周二
連絡先 TEL:0742-27-9242
FAX:0742-27-9242
MAIL:ikuta
最終学歴 生年月日:1955年生
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程学修認定退学(1986)
教育学修士(京都大学 1982)
所属 次世代教員養成センター
専門分野 人権教育・社会教育
主な担当授業
  • 人権と教育(教養科目)
  • キャリア形成と人権(教養科目)
  • 教育人権アプローチ特講(専修専門科目)
  • 教育人権アプローチ演習(専修専門科目)
  • 人権教育特論(大学院)
  • 人権教育演習(大学院)
主な業績
  • 『子ども・若者の自立と支援-「子ども・若者支援」という課題の登場-』(奈良教育大学出版会 E-Book 2017)(単著)
  • 『青少年育成・援助と教育─ドイツ社会教育の歴史、活動、専門性に学ぶ─』(有信堂 2011)(共編著)
  • 『人権と教育-人権教育の国際的動向と日本的性格-』(部落問題研究所 2007)(単著)
  • 『差別・偏見と教育-人権教育への疑問-』(部落問題研究所 2001)(単著)
  • 『統合ドイツの異文化間ユースワーク』(大空社 1998)(単著)
研究と教育について
  • 研究テーマの一つは,子ども・若者支援の理論,方法,実践などについての検討である。とりわけユースワーク, ユースソーシャルワーク,青年職業援助などにみられる,社会的排除と統合への対応について日本とドイツの比較を行っている。第二には,「教育への人権的アプローチ」という視点からの日本および海外で行われている人権教育やシティズンシップ教育の意義・役割と問題点の解明である。
  • 「人権と教育」の授業では,家庭・学校・地域の中での人権に関わる問題について取り扱っている。例えば,世界人権宣言や子どもの権利条約と学校,児童虐待への対応、いじめ問題を考えるワークショップなど,参加する学生が主体的に問題に取り組むようにデザインしている。「キャリア形成と人権」は,キャリア教育の概要と自らのキャリア形成, キャリア形成を支える人権の役割について把握することを目的としている。
  • 「教育人権アプローチ特講」は,人権というものを、個人の「できる」原理と「である」原理、すなわち可能性レベルと存在レベルから考えるとともに、学校とそれを取り巻く地域社会における取り組みを対象として考察する。「教育人権アプローチ演習」は,不登校やひきこもりへの対応、居場所づくり、就労支援などの取り組みに関する文献購読やフィールドワークを通じて、行政、支援施設・団体などにおける実践から課題を見いだす力をつける。
研究シーズ 子ども・若者支援専門職養成に関する総合的研究
所属学会
  • 日本社会教育学会
  • 日本異文化間教育学会
  • 日本教育学会
  • 日本教育社会学会
学会活動

日本社会教育学会理事(2007〜2008、2011〜2012、2013〜2014年度)

社会的活動
  • 内閣府「困難を有する子ども・若者の相談業務に携わる民間団体職員研修」研修講師(2015、2016年度)
  • 内閣府・地域課題対応人材育成事業「地域コアリーダープログラム」事前研修講師(2008、2009、2011、2012、2014、2016年度)
  • 生駒市子ども・若者支援ネットワーク代表者会議委員
  • 子ども・若者支援専門職養成研究所 代表
  • なら県民教育研究所 理事長
講演のテーマ
  • 「子ども・若者支援と社会教育─ユースワーク、ユースソーシャルワークを中心に─」
  • 「日本の人権教育への一視角─日本的性格をめぐって─」 など
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.