ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 英語教育講座
  5. [教授]佐藤 臨太郎(Sato Rintaro)

大学紹介

[教授]佐藤 臨太郎(Sato Rintaro)

職名・氏名 [教授] 佐藤 臨太郎(Sato Rintaro) 佐藤 臨太郎
連絡先 MAIL:sato.rintaro
最終学歴 筑波大学大学院修士課程教育研究科修了
博士(学校教育学)(兵庫教育大学)
所属 英語教育講座
専門分野 英語教育学 教室SLA(第2言語習得)研究
主な担当授業
  • 英語科教育学特論
  • 教材開発特論
  • 国際理解教育演習
  • 中等教科教育法Ⅲ
  • 外国語コミュニケーション
主な業績
  • “Fluctuations in an EFL teacher’s willingness to communicate in an English-medium lesson: an observational case study in Japan” Innovation in Language Learning and Teaching (Published online: 12 Sep. 2017) 1-13. 2017(単著)
  • 『英語テスト作成入門-効果的なテストで授業を変える!』金星堂 2017 共著
  • “Exploration into the Effects of Recast Types on Advanced-Level Japanese EFL Learners’ Noticing” Electronic Journal of Foreign Language Teaching. Vol.13. 260-274. 2016 単著
  • “The Occurrence and the Success Rate of Self-Initiated Self-Repair” TESL-EJ Vol.20. 2016 共著
  • “Examining High-intermediate Japanese EFL Learners’ Perception of Recasts: Revisiting Repair, Acknowledgement and Noticing through Stimulated Recall” Asian EFL Journal Vol.18.109-129. 2016 単著
  • “The Case Against the Case Against Holding English Classes in English” The Language Teacher Vol.39. 15-18. 2015単著
  • “Exploration Into the Effects of Interactive all in English Class on Japanese EFL Learners’ Preference for Corrective Feedback” JACET JOURNAL 59, 19-32. 2015 単著
  • 『日本人学習者に合った効果的英語教授法入門』明治図書 2015 共著
  • “Effects of a Debate Task on Changes of Communication Variables” ARELE Vol.24. 295-306. 2013. 共著(教育奨励賞受賞論文)
  • “The Effects of Written Feedback in the Form of Recasts.” The Journal of Asia TEFL Vol.9. 27-50. 2012 単著
  • “Self-initiated Self-repair Attempts by Japanese High School Learners While Speaking English.” BRAIN. Broad Research in Artificial Intelligence and Neuroscience 3(2). 17-28, 2012 単著
  • “Examining the Effects of All English Class on Learners’ Affective Aspects: Variations of Willingness to Communicate, Communication Anxiety and Perceived Communication Competence” Journal of the Chubu English Language Education Society Vol.41 183-190. 2012 共著
  • “Examining the Effects of Written Recasts Determined by Grammatical Difficulty” HELES Journal Vol.11, 3-16. 2011 単著
  • 『異文化理解のための実践学習 - A Gate to Intercultural Communication: Short Readings & Practical Expressions』 松柏社 2011 単著
  • “A Reply to the Responses on the Paper” JALT Journal Vol.33, 72-76 2011 単著
  • “Effects of Recasts in a Japanese High School Classroom” LET Kansai Chapter Collected Papers Vol.13, 147-157. 2011 単著
  • “Reconsidering the Effectiveness and Suitability of PPP and TBLT in the Japanese EFL Classroom” JALT Journal Vol32, 189-200. 2010 単著
  • “Considering the effectiveness of recasts on Japanese high school learners’ learning.” The Journal of Asia TEFL Vol.6. 193-216. 2009 単著
  • “Suggestions for creating teaching approaches suitable to the Japanese EFL Environment” The Language Teacher  Vol.33. 11-14. 2009 単著
  • “Suggestions for creating a successful input-rich English class with a little code-switching” Journal of the Chubu English Language Education Society Vol38, 371-378. 2009 単著
  • “Self-initiated Modified Output on the Road to Comprehensibility” JALT Journal Vol30, 223-240. 2008 単著
  • “The Relationship between Fluency and Accuracy in Writing” ARELE Vol19, 71-80. 2008 単著
  • “Exploration into Correlation of Declarative Knowledge with Procedural Knowledge and Reading” JLTA Journal No9, 21-35. 2006 単著
  • “Examining the effectiveness of “Recast” For Japanese High School students”(第54回 中村英語教育賞受賞論文)『英語教育』開隆堂 5-12. 2006 単著
研究と教育について
  • 研究から得られる知見は、教師が、生徒にどのような教授法で教え学習を組み立てていくかを考案する上で大きな助けとなり、方向を示してくれるものであるといえます。しかしながら、それはこう教えるべきという答えを与えてくれるのではなく、あくまである示唆を与えてくれるのであり、重要なのは教師の高度な英語力を得るために積み重ねてきた英語学習経験であるといえます。失敗や苦労を重ねながら、高度な英語能力を習得すべく自ら英語を学んできた経験があってはじめて、目の前にした生徒にどのような教授法が効果的か判断し、実践し、うまくいかなければ修正を加えていくことが出来るからです。それゆえ、特に英語教育学においては、研究のための研究、理論と実践の剥離があってはならないと考えています。理論と実践の融合、日本人学習者の日本での英語学習という状況を念頭に置き、研究・教育活動を展開していきたいと思っております。
研究シーズ
所属学会
  • 全国語学教育学会(JALT)
  • 中部地区英語教育学会
  • 外国語教育メディア学会(LET)
  • 日本言語テスト学会
  • 関西英語教育学会
  • 北海道英語教育学会
  • 日本第2言語習得学会
学会活動
  • 中部地区英語教育学会運営委員(H20~)
  • 中部地区英語教育学会紀要編集委員(H27~)
  • 日本言語テスト学会広報委員(H25~)
  • 全国英語教育学会査読委員(H28~)
  • 全国英語教育学会紀要編集委員会副委員長(H25,26)
社会的活動
  • 奈良市ハローイングリッシュ事業推進委員会会長 (2008~2011)
  • 大阪府「使える英語プロジェクト事業」アドバイザリースタッフ(2011~2014)
  • 奈良県英語教育改善連携専門部会・部会員
講演のテーマ
  • 「日本人学習者に合った外国語としての英語の効果的指導の在り方」
  • 「英語でのコミュニケーション能力を身につけるためのオラルコミュニケーションの指導」
  • 「学習意欲の低い生徒が興味・関心を持つ効果的な指導のあり方」
  • 「生徒の英語力を伸ばすことのできる効果的なテストの作成方法」
  • 「日本語を効果的に用いて英語で授業を行う工夫について」等、中高での英語授業に関するテーマ
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.