ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 保健体育講座
  5. [准教授]井上 邦子(INOUE Kuniko)

大学紹介

[准教授]井上 邦子(INOUE Kuniko)

職名・氏名 [准教授] 井上 邦子(INOUE Kuniko) 井上 邦子
連絡先 TEL:0742-27-9230
FAX:0742-27-9230
MAIL:kinoue
最終学歴 生年月日:1968年生
日本体育大学大学院博士後期課程修了 博士(体育科学)
所属 保健体育講座
専門分野 体育学、身体文化論、スポーツ文化論
主な担当授業
  • 体育原理
  • 表現運動
  • 体育実技(アクティブフィットネス) 
  • 体育(小学校教科)
  • 体育原論(大学院)
  • 体育原論演習(大学院)
主な業績
  • 『モンゴル国の伝統スポーツ――相撲、競馬、弓射』、叢文社、2005(単著)
  • 「〈七月の身体〉」、『現代思想』、青土社、2010・11月
  • 「〈移動〉の身体」、『スポーツ学の冒険――スポーツを読み解く「知」とは』、黎明社、2009
  • 「可能性」としての他者――「他」であることを認識させない“忍術”の身体技法」、『叡智の身体技法』ミズノスポーツ振興会2007年度研究助成金研究成果報告書、2008
  • 「ナーダム祭の競馬文化」、『教養としてのスポーツ人類学』、2004
  • 「モンゴル力士の身体の象徴性と創造性」、『新世紀スポーツ文化論Ⅱ』、大和タイムス、2002
  • 「モンゴル相撲の基層をなす「身体イメージの復活」」、『椙山女学園大学研究論集』第28号、1997
研究と教育について
  • 研究のテーマは、伝統(民族)スポーツ(おもにモンゴル国を中心に)は、当該文化のどのような身体観を体現しているかについて研究しています。こうした伝統スポーツの身体観を考察することにより、人間にとって「体育とは何か」「スポーツとは何か」もしくは、「スポーツする身体とは何か」について、学生の皆さんと共に考える機会をもちたいと思います。
研究シーズ
所属学会
  • スポーツ史学会 
  • 日本スポーツ人類学会 
  • 日本文化人類学会
  • 日本体育学会
学会活動
  • スポーツ史学会理事
社会的活動
講演のテーマ
  • 「スポーツ文化と身体」
  • 「モンゴルの伝統スポーツ文化」
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.