ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 保健体育講座
  5. [教授]高橋 豪仁(TAKAHASHI Hidesato)

大学紹介

[教授]高橋 豪仁(TAKAHASHI Hidesato)

職名・氏名 [教授] 高橋 豪仁(TAKAHASHI Hidesato) 高橋 豪仁
連絡先 TEL:0742-27-9235
FAX:0742-27-9235
MAIL:takahasi
最終学歴 生年月日:1962年生
筑波大学大学院体育科学研究科博士課程単位取得中途退学(1988)
教育学修士(筑波大学 1988)
所属 保健体育講座(体育学)
専門分野 スポーツ社会学
主な担当授業
  • スポーツ社会学
  • 生涯スポーツ論
  • 陸上競技
  • 体育社会学特論
主な業績
  • 「『見るスポーツ』の権利に関する一考察」スポーツ社会学研究,第22巻第1号,79-88頁,2014年
  • 「スポーツ欲求から公共性へ」スポーツ社会学研究,第19巻第2号,33ー48頁,2011年
  • 「スペクテータースポーツのプロダクトと観戦者の満足度に関する事例報告」スポーツ産業学研究,第21巻第2号,245ー256頁,2011年
  • 『スポーツ応援文化の社会学』世界思想社, 2011年(単著)
  • 「プロ野球の応援をするということ」橋本純一(編)『スポーツ観戦学』世界思想社, 2010年, 107-133頁
  • 「熱狂応援の形態‐統制される観客と管理される私設応援団」体育の科学, 第57巻第9号, 675-680頁, 2007年
  • Takahashi, H.“The Conviviality of Cheering: An ethnography of Fan clubs in Japanese Professional Baseball.”in Kelly, W. and Sugimoto, A.(eds.) This Sporting Life: Sports and Body Culture in Modern Japan, New Haven: CEAS, Yale University, 2007, pp.263-280.
  • 「メガ・イベントの諸問題」菊幸一・清水諭・仲澤眞・松村和則(編)『現代スポーツのパースペクティブ』, 大修館書店, 2006年, 40-57頁
  • Takahashi, H.“Voluntary Associations Formed through Sports Spectatorship.”in Maguire, J. and Nakayama, M.(eds.) Japan, Sport and Society, Routledge, 2006, pp.98-112.
研究と教育について
  • 研究領域は、体育・スポーツ社会学です。主に「生涯スポーツ/地域スポーツ」や「スペクテータースポーツ」を研究対象としていますが、文化としてスポーツを捉え、スポーツという窓を通して社会の在り方を説明するという研究スタンスを取っています。学校教育に関する問題を扱う時も社会的文脈の中で捉えています。
  • 学生さんたちには,やって楽しく見て面白いというスポーツの魅力を,他の人たちに伝えるこができるようになって欲しいと思っています。特に,体育やスポーツを専攻する学生には,スポーツの素晴らしさや存在価値を身をもって確信して欲しいと思います。でも,スポーツ社会学を担当する教員としては,スポーツの世界にどっぷりと浸かってしまうのではなく,常に健全な懐疑心をもって,スポーツ現象を見ることのできる人を育てたいと思います。
研究シーズ
所属学会
  • 日本スポーツ社会学会
  • 日本スポーツ産業学会
  • 日本体育学会
学会活動

秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞 2004年
(スポーツの振興に関する社会学的研究グループのメンバーとして受賞)

社会的活動
  • 奈良市スポーツ推進審議会委員(2011年~)
講演のテーマ

「地域を基盤としたスポーツ振興」,「スポーツ観戦文化」

個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.