ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 学校教育講座
  5. [教授]豊田 弘司(TOYOTA Hiroshi)

大学紹介

[教授]豊田 弘司(TOYOTA Hiroshi)

職名・氏名 [教授] 豊田 弘司(TOYOTA Hiroshi) 豊田 弘司
連絡先 TEL:0742-27-9265
FAX:0742-27-9265
MAIL:hirotoyo
最終学歴 生年月日:1957年生
大阪教育大学大学院教育学研究科修士課程修了(1983)
博士(文学)(関西学院大学1994)
所属 学校教育講座(心理学)
専門分野 教育心理学・認知心理学・社会心理学
主な担当授業
  • 教育心理学特論(大学院)
  • 教育心理学演習(大学院)
  • 教育心理学(教職科目)
  • 教育心理学特講(学部,心理学専攻科目)
  • 教育心理学実験(学部,心理学専攻科目)
  • 心理学実験(学部,心理学専攻科目)
  • 心理学研究法(学部,心理学専攻科目)
主な業績
  • Changes in the semantic constraint of spreading activation of memory across three age groups 2000 Perceptual & Motor Skills,91,385-390.
  • Changes across age groups in self-choice elaboration effects on incidental memory. 2004 Perceptual & Motor Skills,99, 131-141.
  • Self-generated elaboration and spacing effects on incidental memory 2004 Perceptual & Motor Skills, 99,1193-1200.
  • Self-corrected elaboration and spacing effects in incidental memory.2006 Perceptual & Motor Skills,102,498-508.
  • Development of Japanese version of the emotional skills and competence questionnaire 2007 Perceptual & Motor Skills,105,469-476.
  • Developmental changes in self-corrected elaboration effects on incidental memory 2007 Japanese Psychological Research, 49,192-202.
  • Differences in relationship between emotional intelligence and self-acceptance as function of gender and Ibasho (a person who eases the mind) of Japanese undergraduates 2011 Psychological Topics, 20, 449-459.
  • The effects of social memories in autobiographical elaboration on incidental memory 2012 Japanese Psychological Research, 54, 412-417.
  • The self-choice effects on memory and individual differences in emotional intelligence 2013 Japanese Psychological Research, 55, 45-57.
  • Significance of autobiogpraphical episodes and spacing effects in incidental memory 2013 Perceptual & Motor Skills: Learning & Memory, 117, 402-410.
研究と教育について
  • 研究のテーマは,記憶を促すためにどのような情報を提示すればよいかという問題です。また,最近では児童・生徒の学力向上に貢献する要因の検討も行っています。特に,情動知能については欧州の研究者と一緒に共同して研究を行っています。さらに,対人関係についても検討しています。青年期における異性との関わりに関する異性関係スキル及び居場所(「安心できる人」)は,高校生や大学生における適応の問題と関わって重要な関心であり,データの収集も進んでいます。
  • 教育の方針としては,心理学に関する基本的な考え方,データ処理の方法及びデータと論理との関連づけの技能を身につけてもらいたいと考えています。
研究シーズ 情動知能の測定と育成に関する研究
所属学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本心理学会
  • 日本認知心理学会
学会活動
  • 日本教育心理学会理事
  • 関西心理学会会長
社会的活動
  • NPO法人都南地域教育振興会運営協議会委員
  • なら被害者支援ネットワーク会員
講演のテーマ
  • 「教育にとって大切なこと」,「教育の6つのポイント」
  • 「やる気を高める方法」,「対人関係の心理学」,「人を惹きつける魅力」,「学習習慣と学力」
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.