ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 学校教育講座
  5. [特任准教授]広瀬 悠三(Yuzo HIROSE)

大学紹介

[特任准教授]広瀬 悠三(Yuzo HIROSE)

職名・氏名 [特任准教授] 広瀬 悠三(Yuzo HIROSE) 広瀬 悠三
連絡先 TEL:0742-27-9364
FAX:0742-27-9364
MAIL:yhirose
最終学歴 京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学(2013)
博士(教育学)(京都大学 2015)
所属 学校教育講座(教育哲学・思想)
専門分野 教育哲学・思想、応用哲学、道徳教育、地理教育
主な担当授業
  • 教育哲学・思想演習(大学院)
  • 教育哲学・思想特講(大学院)
  • 教育哲学・思想演習(学部、教育学専修専門科目)
  • 教育哲学・思想特講(学部、教育学専修専門科目)
  • 生涯教育文化演習(学部、教育学専修専門科目)
  • 生涯教育文化特講(学部、教育学専修専門科目)
  • 教育基礎論(教職科目)
  • 道徳教育の理論と方法(教職科目)
  • 特別活動の理論と方法(教職科目)
主な業績

〔著書〕

  • 『「感激」の教育―楽器作りと合奏の実践―』、2012年、昭和堂(共著)
  • 『自ら学ぶ道徳教育』、2011年、保育出版社(共著)

〔論文〕

  • 「道徳教育における宗教―カントの道徳教育論の基底を問う試み―」、『道徳と教育』、日本道徳教育学会、第333号、2015年
  • 「Kant and Cosmopolitanism: Is Cosmopolitanism Naïve?」、『臨床教育人間学』(京都大学大学院教育学研究科臨床教育学講座紀要)、第11号、2011年
  • 「カントにおける啓蒙思想再考―世界市民性と地理的思考に着目して―」、『京都大学大学院教育学研究科紀要』、第57号、2011年
  • 「カントの教育思想における幸福の意義―『感性的な幸福』と『最高善における幸福』の間で―」、『教育哲学研究』、教育哲学会、第101号、2010年
  • 「楽器作り教育の実践と意義―道徳性から宗教性への視点に立って―」、『キリスト教教育論集』、日本キリスト教教育学会、第18号、2010年(共著)
研究と教育について

[研究]

人間の世界への関わりと、そこでの人間の変容・生成・発達に興味をもっています。人間は具体的なある場所に生まれ、そこで生活し、自らの生を歩んでいきます。そのような具体的で地理的な場で成長しながら、どのようにしたら道徳的に行為することができ、さらには宗教的な世界とも関係することができるようになるのでしょうか。これらのことを、とりわけ近代ドイツ、フランス、イギリスの哲学を手がかりとしながら、考えています。

また国や固有の文化に根差しながらも、そのような枠組みを超える世界市民の形成に注目しています。さらに教育の理論や哲学と密接に結びついている、日本の優れた教育実践として、総合的な学習の時間におけるもの作り・楽器作りと合奏、また芸術的な活動に関心をもっています。

[教育]

自由な時間のある大学時代に、一度「教育とは何か」、「人間とは何か」をじっくりと考えることは、みなさんの教育実践を内側から支える大きな力になると思います。ともに考え、議論できることを、楽しみにしています。

研究シーズ
所属学会
  • Philosophy of Education Society of Great Britain
  • UK Kant Society
  • 教育哲学会
  • 教育思想史学会
  • 日本教育学会
  • 日本キリスト教教育学会
  • 日本地理教育学会
  • 日本道徳教育学会
  • 東北哲学会
学会活動
社会的活動
講演のテーマ
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.