ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 理科教育講座
  5. [教授]中村 元彦(Nakamura Motohiko)

大学紹介

[教授]中村 元彦(Nakamura Motohiko)

職名・氏名 [教授] 中村 元彦(Nakamura Motohiko) 中村 元彦
連絡先 TEL:0742-27-9185
FAX:0742-27-9185
MAIL:nakamura
最終学歴 東京理科大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程退学(1994)
理学博士(東京理科大学 1995)
所属 理科教育講座(物質科学)
専門分野 光物性・固体物理・物理教育
主な担当授業
  • 論理と物理科学(教養科目)
  • 物理学概論II
  • 固体物理学
  • 量子力学の世界
  • 物理学実験
  • 実践物理学実験
  • 理科教育演習I,II(オムニバス)

他、共通科目

主な業績
  • Teaching materials using the diffraction of light, 日本物理教育学会誌 supplement P.206 (2008)
  • Questionnaire Survey of the Opinions of Primary-School Teachers to Propose a New Science Program、物理教育 55 P.367 (2007)
  • Quantum tunneling experiment of one-dimensional barriers using the photon, International Conference on Physics Education Proceedings P.193 (2005)
  • 授業からみる論理力について, 奈良教育大学次世代教員養成センター研究紀要 1 P.355 (2015)
  • ラーニングテクノロジーの活用報告, 奈良教育大学教育実践開発研究センター研究紀要 23 P.191 (2014)
研究と教育について
  • 物性研究においては、FZ法などによる単結晶作成、ならびに物質の中の電子を直接観測できる光電子分光装置(AXIS-HS)を用いて、強相関系物質をはじめとした固体物質の電子状態を観測している。テーマ例としては、「ホランダイト型Ti酸化物における金属絶縁体転移」や「中間バンド型太陽電池の電子状態の研究」などがある。
  • 教育研究においては、(1)物理教育(2)授業で育まれるべき一般能力(3)論理力、思考力の育成、を大きなテーマに取り組む。教科の壁を考え、教養科目では、他教科と数学・物理学の関係を、歴史を踏まえて講義してきたが、今はこれに、学習科学と論理力育成をプラスして展開している。テーマ例では「物理学にみる誤概念、数学との文脈依存性と論理力との関係」や「様々なネイチャーテクノロジーと光による物の色の見え方について」、「科学的探求能力育成を目指すカリキュラムネットワークについて」などがある。
研究シーズ
所属学会
  • 日本物理学会
  • 日本物理教育学会
  • 日本理科教育学会
学会活動
  • 日本理科教育学会 近畿支部評議員 2008.04.01~2012.03.31
  • 日本物理教育学会 近畿支部奈良支部理事 2001.04.01~2005.03.31、2007.04.01~2011.03.31

様々なことに実行委員として参画している。

社会的活動
  • 奈良県立医科大学物理学教室 非常勤講師
講演のテーマ
  • 奈良県立高円高等学校
    「理系の研究室は何を行っているのか」 毎年
  • 奈良県立奈良北高等学校
    ・「光と色について」 2010年
    ・「ストップ温暖化科学教育推進事業」で、「太陽電池と燃料電池について」2006年と2009年
  • 若草中学校
    「SPP高大連携授業 光と色について」2008年
  • 大阪府立生野高等学校 「理科教育について」 2005.07
  • 奈良県立青翔高等学校 SPP「エネルギーからみた化学」で「太陽電池について」と「燃料電池について」を講義 2004.09
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.