ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 理科教育講座
  5. [教授]和田 穣隆(WADA Yutaka)

大学紹介

[教授]和田 穣隆(WADA Yutaka)

職名・氏名 [教授] 和田 穣隆(WADA Yutaka) 和田 穣隆
連絡先 TEL:0742-27-9200
FAX:0742-27-9289
MAIL:ywada
最終学歴 生年月日:1964年生
神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了(1992)
博士(理学)(神戸大学1992)
所属 理科教育講座(生命・地球科学,地学教室)
専門分野 地質学(特に火山地質)
主な担当授業
  • 地学概論Ⅰ(教育学部)
  • 地学実験(コンピュータ活用を含む)(教育学部)
  • 地質学(教育学部)
  • 地学野外実習(教育学部)
  • 地域地球科学(大学院)
主な業績
  • 和田穣隆・新正裕尚・高島紫野(2011) 奈良県川上村瀬戸および中奥付近に露出する複合岩脈.奈良教育大学紀要(自然科学), 60 (2), 29-36.
  • Yamashita, I., Surinkum, A., Wada, Y., Fujihara, M., Yokoyama, M.,Zaman, H., and Otofuji, Y.-i. (2011) Paleomagnetism of the Middle Late Jurassic to Cretaceous red beds from the Peninsular Thailand: Implications for collision tectonics. Journal of Asian Earth Science, 40, 784-796. [doi:10.1016/j.jseaes.2010.11.001]
  • 北嶋亜以子・和田穣隆(2010) 紀伊半島中央部,中奥火砕岩岩脈の産状と形成過程-奈良県川上村中奥ヒボラ谷の例-. 地質学雑誌, 116, 510-521.
  • 高島紫野・和田穣隆・新正裕尚(2010) 紀伊半島中央部,宮ノ谷複合岩脈の産状から推定されるマグマ混合及びカルデラとの関係. 地質学雑誌, 116, 496-509.
  • 新正裕尚・岩野英樹・和田穣隆・折橋裕二・角井朝昭・檀原 徹(2010)  奈良盆地周縁部の玉手山凝灰岩・石仏凝灰岩の火山ガラスおよび全岩の化学組成. 地質学雑誌, 116, 447-452.
  • 和田穣隆・三浦大助(2009) 火道内での破砕と溶結の繰り返し-紀伊半島中央部,中奥火砕岩岩脈における地質学的証拠-. 月刊地球, 31, 35-40.
  • Murata, M., Maekawa, H., Yokose, H., Yamamoto, K., Fujioka, K., Chiba, H, and Wada, Y.(2009) Significance of serpentinization of wedge mantle peridotites beneath Mariana forearc, Western Pacific. Geosphere, 5, 90-104.[doi:10.1130/GES00213.1]
研究と教育について
  • 紀伊半島中央部をフィールドとして,野外地質調査と室内試料解析による火山活動の解明をテーマにしています。最近はずっと火砕岩岩脈・複合岩脈(マグマの地表への通路とその産物)を相手に,台高~大峯山地域を調査しているのですが,この地域では火山学的な調査がこれまでほとんどなされていませんでした。この研究によって紀伊半島地域における今から約1400万年前に起こったカルデラ火山活動を解明できると考えています。
  • 研究と同様,勉強は自分の興味がないと続けられません。まず自分の興味がどこにあるのかを知ることが大切でしょう。常々そう考えているので,日々の講義・実験・実習では学生各自の興味を引き出せるような内容を伝えられるように努めています。一方で,研究室へ入る学生にはフィールドへ出る魅力と地質学の面白さを伝えられればと考えています。
研究シーズ
所属学会
  • 日本火山学会
  • American Geophysical Union (AGU)
  • International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's
    Interior (IAVCEI)
  • 日本地質学会
  • 日本鉱物科学会
  • Geological Society of America (GSA)
学会活動

日本地質学会代議員・同近畿支部役員会役員

社会的活動

随時地質・岩石に関する一般の方からの質問に答えます。

講演のテーマ

最近では以下のような事業・プログラムの講師をしました。

  • 平成23年度奈良県立青翔高等学校SSH科目「スーパーフィールドワーク」地質実習指導講師
  • 平成22~23年度奈良市立一条高等学校「課題研究」指導
  • 日本火山学会2010年度秋季大会現地討論会(熊野酸性火成岩類)案内
  • 平成21~22年度 教員免許更新講習(「紀伊半島の火成岩」)講師(分担担当)
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.