ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 社会科教育講座
  5. [教授]岩本 廣美(IWAMOTO Hiromi)

大学紹介

[教授]岩本 廣美(IWAMOTO Hiromi)

職名・氏名 [教授] 岩本 廣美(IWAMOTO Hiromi) 岩本 廣美
連絡先 TEL:0742-27-9168
FAX:0742-27-9168
MAIL:iwamoto
最終学歴 生年月日:1954年生
東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了
教育学修士
所属 社会科教育講座(社会科教育)
専門分野 社会科教育,環境教育,人文地理学
主な担当授業
  • 初等教科教育法・社会
  • 教科・生活
  • 幼児と環境Ⅱ
  • 中等教科教育法・地理歴史
  • 地域文化論
主な業績
  • 日本におけるブラジル人学校の展開と児童・生徒の就学状況,新地理54-3,33-50,2006年(単著)
  • 中学校の地誌学習と地域区分に関する一考察,新地理60-1,85-87,2012年(単著)
  • 近年の日本における地理教育の展開状況,新地理61-3,19-40,2013年(共著)
  • 小学校社会科における米作りを中心とした農業学習の意義,奈良教育大学自然環境教育センター紀要15,1-13(単著)
  • 地域調査を取り入れた大学教職科目の授業,次世代教員養成センター研究紀要(奈良教育大学)2,291-297(単著)
研究と教育について
  • 私の専門分野は元々地理学ですが,最近は子どもの生活や行動を明らかにすることを通して子どもと環境との望ましい関係性を追究することに力点を置いています。
    大和川水系,淀川水系などに出掛け,幼児や小学生を中心とした子どもの親水行動(川遊びなど)の実態をフィールドワークによって調べたりしています。こうした研究を基盤に環境教育論を論じていきたいとも考えているところです。
  • 授業では野外での諸活動をできるだけ取り入れることに努めていて,見学や野外観察,各種の野外活動をしばしば行っています。
    たとえば,初等教科教育法・社会の授業では大学近辺の奈良公園や奈良町で学生諸君に野外観察,調査に取り組んでもらっています。また,地域文化論では,三輪そうめん製造現場の見学などを行っています。
研究シーズ
所属学会
  • 日本地理学会
  • 日本地理教育学会
  • 日本環境教育学会
学会活動
  • 奈良地理学会会長
  • 日本地理教育学会評議員  ほか
社会的活動
  • (社)奈良まちづくりセンター副理事長ほか
講演のテーマ
  • 「奈良の自然と食文化」
  • 「小学校社会科これからの授業づくり」
  • 「中学校社会科指導-身近な地域を調べよう-」   ほか
個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.