ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 特別支援教育研究センター
  5. [特任講師]富井 奈菜実(TOMII Nanami)

大学紹介

[特任講師]富井 奈菜実(TOMII Nanami)

職名・氏名 [特任講師] 富井 奈菜実(TOMII Nanami) 富井 奈菜実
連絡先 TEL:0742-27-9251
FAX:0742-27-9251
MAIL:nanami-t
最終学歴 立命館大学大学院 応用人間科学研究科 応用人間科学専攻 対人援助学領域 人間科学修士(2012)
所属 特別支援教育研究センター
専門分野 発達心理学、障害児心理学
主な担当授業
主な業績
  • 富井奈菜実・荒木穂積・竹内謙彰・中村隆一・松島明日香・荒井庸子・松元佑(2016)、新しい発達診断法開発の試み−幼児期における発達の基本構造の検出−、立命館大学産業社會論集、52(1)、149-168
  • 富井奈菜実(2015)、幼児期における系列的調整の検討−研究Ⅱ 発達の基本構造を指標とした描画における系列的調整の発達的検討−、人間発達研究所紀要、28、31-54
  • 竹内謙彰・荒木穂積・中村隆一・荒井庸子・松島明日香・松元佑・富井奈菜実・井上洋平(2014)、新しい発達診断法開発の試み−幼児期における発達の時期ごとの分析的検討−、立命館大学産業社會論集、50(2)、121-131
  • 富井奈菜実(2013)、幼児期における系列的調整の検討−研究Ⅰ 共変動に注目をした発達の基本構造の検出−、人間発達研究所紀要、26、2-25
研究と教育について

これまで自治体や小児科などで、主に幼児期から学童期前半の子どもたちの発達支援に携わってきました。発達検査を実施し、保護者、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭等、日頃子どもたちと過ごしている方とともに発達診断を行い、支援のあり方を考えてきました。

また現在は学童期前半の子どもの発達を把握する方法について研究しています。学生のみなさんには発達的視点をもち、より深く子どもを理解し、支援できるようになってほしいと願っています。

研究シーズ
所属学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本応用心理学会
  • 日本自閉症スペクトラム学会
学会活動
社会的活動
  • 人間発達研究所運営委員、同研究所発達診断セミナー事務局
  • 久御山町役場 子育て支援課 発達相談員
講演のテーマ

新しい発達診断法開発の試みから−発達診断の根拠と実践的意義を考える–

個人のページ

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.