森脇 拓未さん 公開日  :  2022-03-28

国際交流留学センター

滞在記

a)新しい環境や日常生活、適応、カルチャ―ショックに関する感想や、外国人として扱われることでの、日々のストレスの対処法などに関しての感想

セントラルミシガン大学での留学を開始してから約二か月が過ぎました。この二か月は新しい生活に慣れなかったり、奈良教育大学の後期の最終課題を終わらせたり、新しい友達ができたりととても大変でしたが充実した生活を送れたと思います。春休みの終わりまで雪が積もっていて寒い日が続いて居ましが、徐々に気温も上がってきて過ごしやすくなってきています。そして今回の交換留学だけの特別な状況と信じたいのですがコロナウイルス影響を受けながら留学生活を行っています。今回は、私が感じたアメリカでの文化の違いとプロジェクトの進行状況について紹介したいと思います。

まず始めに生活について紹介したいと思います。初めての海外なので、無事にアメリカに行けるかどうか最初の不安でした。その日は大雪で、日本からアメリカへの飛行機が大幅に遅れていたのですが無事にたどり着くことができました。そして空港で初めて買い物をしたのですがどの店もクレジットカードで買い物をするのが普通な感じだったのでとても驚きました。アメリカはカード社会と聞いていたのですが実際にカードさえあれば今までも何とかなっています。これが、日米の文化の違いを最初に感じたことと同時に留学に来た実感がわいた出来事です。

 そして文化の違いでまだ克服できていないのは、バスルームにバスタブがないことす。ミシガン州の冬はかなり寒いので、日本でバスタブに浸かって体を温めることができるのは、とても幸運なことだと思っています。アメリカの人たちにとって、お風呂は体の汚れを落とすためのものでしかないようです。

 次に、アメリカでの授業で感じた文化の違いについてお話したいと思います。私は現在、語学の授業を2つ、学部の授業を2つ取っていますが、正直なところ、後者2つの授業についていくことが大変だと感じています。というのも、後者2つのクラスには大きなレベル差があるように感じています。前者のクラスでは、5人程度の人数で授業が行われます。終始楽しい雰囲気のクラスで、中国やサウジアラビアからの留学生もいるため、文化に触れる良い機会になっています。2回目の授業では、自分の国についてパワーポイントで発表することになり、その冒頭で自分の血液型について紹介しました。その後の質疑応答で、なぜ血液型を紹介したのかと聞かれたので、日本では多くの人が紹介することが多いですと答えたら驚かれました。隣の中国人留学生は、血液型を紹介することにとても共感してくれて、しかも同じ血液型であることが分かったので仲良くなることができました。このクラスで感じている文化の違いは英語の発音の違いです。アジアの国から人は日本の多くの人が話すような一つ一つ丁寧に発音する感じで聞き取りやすいと感じました。それに対して東南アジアの人とは少し独特な訛があるように感じました。これまでの大学の授業でも英語は国によって発音が異なることは学んできたのですが、実際に会って話をすることでより実感が持てました。その国の文化が現れているようでどんな発音の英語も好きです。

 学部の授業では、ネイティブスピーカーの話すスピードがかなり速いことに気づきました。教授の話はかろうじて理解できるのですが、学生同士のディスカッションになるとついていくのが本当に大変です。また、このクラスでは、アメリカ人と日本人の授業に対する姿勢の違いも感じました。彼らは本当に積極的に発言します。クラス全員で意見を出し合うときにはほとんどの生徒が手を挙げて発言しようとします。驚いたことには誰かが話している最中にもずっと手を挙げている人もいました。この中に入っていくのはすごく勇気がいるのですが準備をしっかりすることで徐々に発言することができているので最後まで続けようと思います。

 

b)マイポートフォリオのプロジェクトの進捗について

この留学の軸として語学力向上と並行しての異文化理解、スポーツを通じてアメリカのスポーツ事情を分析し帰国してからの地元奈良への還元の二つを設定しています。

まず始めの軸では日本語クラブに所属している人と仲良くさせていただいており、日々日本の文化を伝えながらアメリカの文化についても学んでいます。日本といえばと聞くとほとんどがアニメと寿司と答えていたことが今のところ印象に残っています。私はアニメが好きでかなり多くの作品を知っているつもりでしたが自分よりもはるかに詳しい人と出会ったのでその熱量を見習いたいです。同年代の人々だけでなく学部の授業で近くの高校生と小説を通じて意見交換、指導を行うという活動も行いました。おそらくコロナの関係でリモートでの交流だったのですが、私は将来高校の教師を考えているのでもし留学生を受け入れることになったとしてもこの経験が生きると感じています。

そして二つ目の軸に関しては陸上部がこちらの大学にもあったのでそこに所属しながら、大会などにも参加して交流を図っています。まだ所属してから一か月半ほどしか経過していないので学びという点では得られたことは少ないですが、やはりこの大学はスポーツに対する設備がかなり整っています。冬の間は外で走ることができなかったのですが室内競技場が存在したのでそこで練習をしていました。正直高校から陸上を本格的に始めたのですが室内の競技場で走ったのでは初めてかもしれないです。大会で他の大学や他の洲に行くこともあったのですが必ずと言っていいほど他の大学にも室内競技場がありました。なぜこれほどまで充実させることができるのか、もちろん土地の広さや資金の関係が大きいと思いますが教育におけるスポーツの位置づけという観点からもインタビューを行うなどしてこれから分析したいと思います。

カテゴリ   :   留学体験記 , セントラルミシガン大学
最終更新 : 2022-04-07 15:50