眞田 理世さん 公開日  :  2022-03-28

国際交流留学センター

滞在記

a)新しい環境や日常生活、適応、カルチャ―ショックに関する感想や、外国人として扱われることでの、日々のストレスの対処法などに関しての感想

こういった留学の体験談においては、後に続く人の参考となる為にも自らが感じた問題点とその解決方法を記述するものだと理解している。が、私の場合は周囲の人々と運に恵まれた為、特に問題やストレスを感じることなく半期を終えることができた。

もちろんはじめは、フランスに知り合いが一人もおらず、またフランス語も英語も全く話すことができなかった為、“(まだ日本にいて、荷造りもしていないのに!)もうホームシックになっている”、と感じるほど不安であった。しかし、留学を決めた時の目標や目的を思い返したときに、より一層留学することに対して強い意志を持つことができるようになった。

それと同時に、二つ心に決めたことがある。

一つは「旅の恥はかき捨て。失敗を恐れず思ったことはすべてやってみよう。」ということ、もう一つは、「私は“宇宙人”が住んでいるところに行くのだ。どんな常識も言葉も通用しない。一切の期待を捨てて、郷に入れば郷に従えの精神でやっていこう。」。

これらから分かるように、はじめに持っていたハードルがゼロ…むしろマイナスだった為か、いざ生活が始まると思っていたよりもずっとスムーズに事が進んだ。道を歩いていたりするとじろじろ見られたりすることもあるが、何の問題もストレスも感じない。むしろ私もどんな人が私に興味を持つのかと気になり、向こう以上に見返している。もしかすると、留学前に自分の目標を再確認し二つの心構えをもったからこそ、今現在ストレスを感じることなく、周囲の人々と運に恵まれたと感謝する余裕があるのかもしれない。

言葉の壁に関して、留学生の体験記にはよく「周りが外国語だらけで辛い」、「思っていることが伝わらなくて悔しい」ということが書かれている。その言葉を受けて、初めの一週間ほどは、コミュニケーションをとることに対してとても恐怖を感じたことを覚えているが、今となってはそれは当たり前のことで、ストレスを感じるに値しなくなった。 “宇宙人と会話をしてみよう”という心持ちは最強である。

まだ円滑なコミュニケーションを取ることは難しいが、相手もコミュニケーションを取ろうと歩み寄ってくれることが多いため、いつの場合も想像しているよりもずっと細部まで伝わっている。もちろん、相手の好意に胡坐をかいているわけにもいかないのでいつも必死に言葉を覚えているが、それは今では楽しい作業となっている。

 

b)マイポートフォリオのプロジェクトの進捗について

マイポートフォリオの進捗状況について、先ず私が達成したい目標について大まかに三つ挙げることとする。

1)語学力の向上、2)異文化理解、3)学校教育について知る 以上の三つである。

1)語学力の向上、2)異文化理解に関してはまだ十分に達成したとは言い切れない。しかし、二か月前の自分と比べると進歩しているのではないかと思う。フランス人は議論好きな人が多いため、みんな必ずと言っていいほど自分の意見を持っている。いつも新しい考えを知ることができるのでとても興味深い。より多様な考え方を知り理解するためにも語学力に向上は欠かせないので、これからも努めたいと思う。

3)学校教育について知る、これについては、縁あってフランスの私立小学校で何日か臨時の教師をすることになった。まだ先の話なので進捗などについては記せないが、また後日報告できればと思う。また、知り合いのフランス人に、高校の教師をしている人がおり、日本の教育との違いについて話をすることができるのがとても興味深い。まだまだ知らないことが多いので、これからさらに知見を広げていきたいと考えている。

カテゴリ   :   リヨン第三大学
最終更新 : 2022-04-05 21:31