ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 一般の方、企業・団体の方へ
  3. 職員への兼業依頼について

一般の方、企業・団体の方へ

職員への兼業依頼について

 国立大学法人奈良教育大学に勤務する職員(ただし、非常勤職員を除く。)が、本学の職務以外の業務に従事することについては、「国立大学法人奈良教育大学教職員兼業規則」に基づき、事前に学長の許可を必要としております。
 つきましては、本学職員に対し兼業を依頼される場合には、下記要領にてご依頼くださいますようよろしくお願いいたします。
 なお、本学職員が事前に学長の許可を受けることなく、兼業に従事すると処分の対象となりますので、兼業依頼においては、遺漏のないよう重ねてお願いいたします。

兼業依頼書について

 原則として、1年以内の期間について許可されます。ただし、法令等に任期の定めのある職に就く場合は、4年を限度として許可することができます。その場合は、依頼文書に加え、任期について定めのある規程等の写しを提出してください。

 依頼文書には、以下の内容を記載し、任期の初日の1ヶ月前までに送付してください。

 ※※依頼文書指定様式及び作成例 指定様式作成例※※

従事する役職名、
職務内容、場所
職務内容について、非常勤講師の場合は「授業科目名」、委員等の場合は職務内容等を具体的に記載してください。
従事期間 原則1年以内の期間を記載してください。
日時 従事日時を記載してください。依頼時点で未確定の場合は期間内の従事回数及び1回あたりの時間数を記載してください。
従事日時が未定の場合は、メールで結構ですので、日時が決定次第ご連絡ください。
報酬 報酬の有無を記載してください。有の場合は、1回(または1時間など)の単価を記載してください。未定の場合は、予定額を記載してください。
旅費 交通費支給の有無を記載してください。
回答の要否 学長名での兼業を許可する回答文書の要、不要について記載してください。
※回答が必要な場合は必ず返信用封筒(宛先を明記し、切手貼付のこと)を同封してください。
担当部署、担当者、
連絡先
担当部署、担当者氏名、連絡先(電話番号、メールアドレス)等を記載してください。

※依頼内容についてお伺いする場合がありますので、連絡先は正確に記載願います。

日時決定後の派遣依頼文書(メール)作成例

 兼業依頼状を送付いただいた時点で従事日時が未定であった業務について、従事日時が決定した場合は、メールで結構ですので、お知らせ願います。
 通知の際には、記入例も参照してください。

お問い合わせ・依頼文書等の送付先
奈良教育大学総務課 人事・福祉担当
〒630-8528 奈良市高畑町(番地なし)
Tel:0742-27-9106
Fax:0742-27-9141
E-mail:jinji

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.