ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 教職開発講座(教職大学院)
  5. [准教授]小﨑 誠二(KOZAKI Seiji)

大学紹介

[准教授]小﨑 誠二(KOZAKI Seiji)

職名・氏名 [准教授] 小﨑 誠二(KOZAKI Seiji) 小﨑 誠二
連絡先 TEL:0742-27-9342
MAIL:kozaki.seiji.i9
最終学歴 生年月日:1965年生
奈良教育大学教育学部卒業(1988)
教育学士
所属 教職開発講座(教職大学院)
専門分野 教育DX、教育データ、教育の情報化、教員養成、教員研修、情報科教育、国語科教育
主な担当授業
  • 「学校組織とアカウンタビリティ」(教職大学院)
  • 「授業力応用演習」(教職大学院)
  • 「へき地教育実習」(教職大学院)
  • 「課題探究実習」(教職大学院)
  • 「課題解決実習」(教職大学院)
主な業績
  • 『気持ちが伝わる敬語の使い方』 2007 桐原書店 単著 191pp.
  • 『現代語練習帳ことのは』 2010 いいずな書店 単著 160pp.
  • 『教師を目指す人の教育方法・技術論』 2012 学芸図書 共著 pp.111~118
  • 『高等学校学習指導要領解説 情報編』2018 文部科学省 共著 195pp.
  • 『高等学校情報科教科書 情報産業と社会』2021 実教出版 共著 198pp.

  • 「ホームページ運用とインターネット活用授業のあり方」 2002 『平成14年度放送教育・視聴覚教育研究会全国大会発表研究収録』p.37
  • 「小論文の段階的指導-まずは短論文から-」 2005『高校国語ニューサポート』春号からの5回連載
  • 「児童の学習意欲を高める伝統的な言語文化に関する授業モデルの構築-言語活動の充実を図る視点から-」2010 平成21年度『奈良県立教育研究所研究集録』http://www.e-net.nara.jp/kenkyo/index.cfm/21,2441,108,html
  • 「児童の学ぶ意欲を高める指導法の工夫と学習環境づくり-小学校低学年の読書との出会い-」2011 平成22年度『奈良県立教育研究所研究集録』http://www.e-net.nara.jp/kenkyo/index.cfm/21,2437,108,html
  • 「県域同一ドメインによるクラウドサービスの運用及び利用」2020 国立情報学研究所第12回4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウム https://www.youtube.com/watch?v=h3UT9pOKY3A
  • 「義務教育段階のGIGAスクール構想が高校教科「情報」に与える影響」2020 情報処理学会高校教科「情報」シンポジウム 『情報処理学会電子図書館論文集』https://drive.google.com/file/d/1b3K_8xUOIti3kNi-VEq4Q42Xt27qZoT6/view
  • 「奈良県域GIGAスクール構想の基本コンセプト」2020 月刊『視聴覚教育12月号 pp.10~13
  • 「学校におけるデータ標準化や利活用に求める視点でのデータ標準化の考え方のヒント」2020 文部科学省教育データの利活用に関する有識者会議 https://www.mext.go.jp/kaigisiryo/content/20201019-mxt_syoto01-000010535-07.pdf
  • 「県域共同調達の在り方に関する一考察-教育の情報化を推進するための自治体間連携と組織づくり-」2021 『奈良県立教育研究所研究紀要』http://www.e-net.nara.jp/kenkyo/index.cfm/21,5673,c,html/5673/20210624-075442.pdf
  • 「働き方調査から見える教員の業務改善に関する予備的考察-教員の負担感を軽減するための視点の明確化-」 2021 『奈良県立教育研究所研究紀要』 http://www.e-net.nara.jp/kenkyo/index.cfm/21,5673,c,html/5673/20210624-075334.pdf
  • 「奈良県が目指すSTEAM教育推進のイメージ」 2021 月刊『教職研修』2月号 pp.60~61
  • 「GIGAスクール対談 学びで何を達成するかの議論が重要」2021 教育とICT online https://project.nikkeibp.co.jp/pc/atcl/19/06/21/00003/031600199/
  • 「端末は「子どものもの」の理念で日常生活で慣れ親しむ環境整備へ」2021 月刊『先端教育』4月号 pp.38~39
  • 「教育の近未来2030年に向けて 不易流行と視聴覚教育」2021 月刊『視聴覚教育』6月号 pp.16~17
  • 「子どもたちが自分で学べる環境づくり」2021 『自治体国際化フォーラム』7月号 pp.6~7
研究と教育について

 デジタルテクノロジーが目覚ましい進化を遂げ、社会の変化が加速し、私たちの生活の中にICTが深く浸透しています。教育においても、デジタルトランスフォーメーション=DXが必要となり、DXを推進するためには、子どものころから、ICTをいつでもどこでも利用できる身近なツールとして利用し、慣れ親しんておくことが必要で、学習者も指導者も、高速大容量ネットワーク環境で情報端末を自由に使いこなせることが理想です。

 学校教育でDXが進むと、教育の質や幅が大幅に向上し、子どもも教員も個別の能力に応じたまなびの機会を得ることができます。また、アナログ作業で発生している負荷を軽減し、教員の負担を減らすことで、教育の質の向上につなげることも期待できます。教育データをデジタル化することで、どのような変化が生まれるのか、研究しています。

研究シーズ
研究シーズ2
E-book
所属学会
  • 情報コミュニケーション学会
学会活動
社会的活動
  • 文部科学省 学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者 2015
  • 文部科学省2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会教育の情報化加速化WG委員 2016
  • 文部科学省 全国学力・学習状況調査問題作成・分析委員 2016
  • 文部科学省学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議委員 2017
  • 文部科学省 教育課程研究指定校事業審査委員 2019-
  • 文部科学省学校に整備されたICT端末の緊急時における取扱い検討委員 2020
  • 文部科学省高等学校情報科指導資料作成委員 2020-
  • 文部科学省 情報教育指導充実事業評価委員 2020-
  • 文部科学省ICT活用教育アドバイザー 2020-
  • 文部科学省 教育データの利活用に関する有識者会議委員 2020-
  • 著作物の教育利用に関する関係者フォーラム 初等中等教育専門WG委員 2018
  • 京阪奈三教育大学連携次世代教員養成センター教員養成・研修テキストICT活用指導力UPのためのハンドブック作成委員 2008
  • 文化庁文化審議会国語分科会漢字小委員会常用漢字選定WG協力者 2013
  • Adobe Max 日本代表 2014
  • 奈良教育大学と奈良県教育委員会との連携協力事業 ICT教育改善連携専門部会会長 2015-
  • 慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアム 高大連携教育WG委員 2018-
  • 「Pepper社会貢献プログラム」スクールチャレンジプログラミング成果発表会全国大会審査委員 2018
  • 一般社団法人ICT CONNECT 21 学習資源利活用促進SWG 2020-
  • 奈良県域GIGAスクール構想推進協議会 事務局長 2020-
  • 奈良市 市立学校児童生徒のICT活用に関する懇談会委員 2020-
  • 奈良市 個別最適化デジタル学習教材事業者募集に関する審査委員 2020-
講演のテーマ
  • 教育DX
  • 教育の情報化
  • 学校教育におけるICT活用
  • GIGAスクール構想の推進
  • クラウドコンテンツの活用
  • これからの情報教育
  • 教員研修のあり方
  • 国語科教育指導力の育成
  • 日本語の語源
  • 敬語の使い方
  • 万葉集
  • 平家物語
個人のページ
個人のページ2
個人のページ3

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.