ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 大学紹介
  3. 教員一覧
  4. 自然環境教育センター
  5. [特任准教授]村松 大輔(MURAMATSU Daisuke)

大学紹介

[特任准教授]村松 大輔(MURAMATSU Daisuke)

職名・氏名 [特任准教授] 村松 大輔(MURAMATSU Daisuke) 村松 大輔
連絡先 TEL:0742-27-9142
MAIL:muramatsu.daisuke.du
最終学歴 京都大学理学研究科博士後期課程修了 (2009年) 博士(理学)(京都大学 2009年)
所属 自然環境教育センター
専門分野 動物行動学・生態学・行動生態学
主な担当授業
  • 環境教育各論(野生動物学)
  • 環境教育各論(野生動物学)演習
  • 自然環境学
  • 生態学実験
  • 生活
主な業績
  • Tina FW, Muramatsu D (2020) Size-dependent mating preference of the male fiddler crab <i>Austruca perplexa</i>. Ethology, 126(1): 68-75. (DOI:10.1111/eth.12961)
  • Muramatsu D (2017) Sand ornaments used to attract females are avoided by rival males in the fiddler crab <i>Uca lactea</i>. Ethology Ecology & Evolution, 29(5): 501-510. (DOI:10.1080/03949370.2016.1243156)
  • Muramatsu D, Koga T (2016) Fighting with an unreliable weapon: opponent choice and risk avoidance in fiddler crab contests. Behavioral Ecology and Sociobiology, 70(5): 713-724. (DOI:10.1007/s00265-016-2094-2)
  • Itoh N, Muramatsu D (2015) Patterns and trends in fruiting phenology: Some implications for important chimpanzee diet. In: Mahale Chimpanzees: 50 Years of Research. Cambridge, Cambridge University Press. pp.174-194
  • Muramatsu D (2011b) The function of the four types of waving display in <i>Uca lactea</i>: Effects of audience, sand structure, and body size. Ethology 117(5): 408-415. (DOI:10.1111/j.1439-0310.2011.01884.x)
  • Muramatsu D (2011a) For whom the male waves: Four types of claw-waving display and their audiences in the fiddler crab, <i>Uca lactea</i>. Journal of Ethology 29(1): 3-8. (DOI:10.1007/s10164-010-0216-2)
  • Muramatsu D (2010b) Temporary loss of a sexual signal (claw loss) affects the frequency of sand structure construction in the fiddler crab, <i>Uca lactea</i>. Ethology Ecology & Evolution 22(1): 87-93. (DOI: 10.1080/03949370903516040)
  • Muramatsu D (2010a) Sand structure construction in <i>Uca lactea</i> (De Haan, 1835) is related to tidal cycle but not to male or female densities. Crustaceana 83(1): 29-37. (DOI:10.1163/001121609X12487811051624)
  • Muramatsu D (2009) To build or not to build - or to destroy burrow hoods in a population of <i>Uca lactea</i>. Journal of Crustacean Biology 29(3): 290-292. (DOI:10.1651/08-3122.1)
研究と教育について

カニの一種にみられる様々なハサミ振りディスプレイの意味や、闘争の際に行わ
れるオスどうしの駆け引き、巣穴の周りに作られる奇妙な構造物の機能など、視
覚シグナルに関係する動物の行動や戦略について研究しています。
また、ブラジルのナマケモノを対象に、省エネルギー戦略や活動パターン、採餌
生態などの研究を行っています。

研究シーズ
研究シーズ2
E-book
所属学会
  • 日本動物行動学会
  • Animal Behavior Society
学会活動
社会的活動
講演のテーマ
  • 「ナマケモノは なぜ、 どのように怠けているのか」 2020年
  • 「心拍と体温から探るナマケモノの省エネ生活」 2019年
個人のページ
個人のページ2

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.