奈良教育大学 出版会ホームページ

パソコン、タブレット、スマートフォンでE-book。本をめくっているみたい。いつでもどこでも購読できる。

ホーム > E-book一覧 > 主体的・対話的で深い学びの実現を意図した美術科学習の構築 -俵屋宗達筆「舞楽図」(醍醐寺蔵)の鑑賞を事例として-

書籍

主体的・対話的で深い学びの実現を意図した美術科学習の構築 -俵屋宗達筆「舞楽図」(醍醐寺蔵)の鑑賞を事例として-

竹内 晋平(たけうち しんぺい)/美術教育講座

平成29年3月、新たな学習指導要領が公示されました。今回の改訂では、美術科学習を構築する上で「何ができるようになるか」「何を学ぶか」という視点に加えて、生徒が「どのように学ぶか」を考慮することが求められているといえます。
本書では、醍醐寺と京都市立醍醐中学校との連携による俵屋宗達筆「舞楽図」の鑑賞授業、そして美術史研究における宗達の作画をめぐる言説を踏まえて、「主体的・対話的で深い学び」を意図した中学校美術科の授業計画を提案します。

発行:2018年3月31日

竹内 晋平(たけうち しんぺい)

著者:竹内 晋平(たけうち しんぺい)
1996年 京都教育大学 教育学部 卒業
1996年 京都市立小学校 教諭
2006年 京都教育大学附属京都小学校 教諭
2007年 京都教育大学大学院 教育学研究科 修了 修士
      (教育学)
2009年 佛教大学 教育学部 専任講師
2012年 奈良教育大学 教育学部 准教授
2013年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科博士(後期)
      課程 修了 博士(美術)
2016年 文部科学省 学習指導要領等の改善に係る検討に必要な
      専門的作業等協力者(中学校美術)