メールセキュリティ装置と Virusalertメール 情報センター

情報館

メールセキュリティ装置

学外からのメール、および学内から学外に送信されるメールは、メールセキュリティ装置によってウイルスのチェックが行われ、感染の恐れのあるメールは破棄されます。(学内で送受信されるメールについてはウイルスチェックが行われないことにご注意ください)

本学で運用しているメールセキュリティ装置の詳細については、下記をご参照下さい。

・メールセキュリティ装置 IronPort

Virusalertメール

メールセキュリティ装置がウィルスを検知した場合やスパム判断をし、対象メールを削除または隔離処理した事を各ユーザへメール通知を行います。

件名はSpam Quarantine Notification、差出人アドレスはvirusalertとなり、毎日AM6:00に各受信者の学内メールへ送信されます。

隔離処理されたメールにつきましては再送信やセーフリストへの登録(互検知の場合)等、一定の操作も可能です。ご使用方法は各通知メールに従い適切に行って下さい。

使用方法の説明につきましては、上記「メールセキュリティ装置 Ironport」の項目を参照下さい。