ボランティアサポートオフィス ESD・SDGsセンター

ESD・SDGsセンター
r6.noto spring2024.volunteer

ボランティアサポートオフィスについて

ボランティアサポートオフィスは、ボランティアに興味・関心がある学生と、ボランティアを受け入れたい企業・団体および地域社会をつなぐ役割をしています。
また学生の皆さんが社会への問題意識を育み、社会参画をするきっかけを作るところでもあります。

thumbnail_image0

ボランティアサポートオフィスでは、相談員(コーディネーター)が学生のボランティア活動をサポートしています。

毎週月・水・金 10:00~17:00在室
※3月と9月は変則的に、毎週月・水・金のうちいずれか1日在室しています。

詳しくはボランティア相談員の在室状況をご覧ください。

学生の皆さんへ

ボランティアをはじめるきっかけや、そのタイミングは人それぞれだと思います。
「ボランティアに行ってみたい」「新しいことを始めたい」「いろいろな人に出会ってさまざまな経験をしたい」
学生の皆さんがそう思ったとき、いつでも頼ってもらえるように「ボランティア相談員」が在籍しています。

何をしたいのかまだよく分からないときも、「とりあえずボランティアしたいんですけど・・・」と気軽に話しに来てください。
皆さん一人一人に合うボランティアが見つかるようお手伝いします!

就職活動や教員採用試験に向けたボランティアさがしも歓迎です。(ただし直前になって焦る人も多いので笑、できるだけ早めに相談してくださいね!)


ボランティア相談員 櫓(やぐら)

主な活動

  • 教育、福祉、環境、野外活動、国際理解、地域連携(まちづくり)などのボランティア活動の紹介・相談
  • 学生スタッフが立ち上げる社会の問題解決プロジェクトの実施サポート
  • その他、活動を始めるきっかけ作りの楽しいイベント

各種団体からの募集・依頼

イベントの企画・運営、野外活動のリーダー、クラブチームの指導、施設訪問、各種施設内での学習サポート、自然保護活動、観察会・調査などのサポート、奈良の伝統行事に参加、在住外国人の支援、募金活動など

学生スタッフの活動

大学生だからこそ見えてくる、社会の矛盾や問題点を少しでも解決に向かうために、学生主体のプロジェクトが立ち上がっています。

<過去のプロジェクト>

  • 世界の子どもにワクチンを「あいふたプロジェクトfrom奈教」
  • 「ひまわりプロジェクト」ひまわりを栽培することで東日本大震災を忘れない活動
  • 「避難所HUG」災害時に学校が避難所になったときのシミュレーションゲーム実施
  • 市民救命士講習
  • 「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」 津波被害を受けた図書館の再建、など

Q.ボランティア活動の証明書は発行してもらえますか?
A.ボランティア活動の証明書は、基本的に皆さんがボランティア活動を行った先の学校園・企業・団体等に発行を依頼してください。
学内で、学生が主催したボランティアに関しては大学が発行します。

善意から出発した行為であっても、活動中にけがをしたり、させたり、物を壊したりすることはあります。
活動を始める前に必ず奈良市ボランティアセンターで加入手続きをしてください。

ボランティアにおいては、参加する学生の皆さん、またボランティア先で関わる人々の万が一の事態に備え、必ず保険に入ってから参加してください。
したがって、ボランティアへの参加を検討する際は、必ず相手先の学校園・団体等に保険について尋ねるようにしてください。

ボランティアによっては、
・相手先の学校園・団体等が保険に入ってくれているケース
・保険加入の手続きは自身で行うが、保険料を相手先が負担してくれるケース 等があります。
その場合は各学校園・団体等の指示に従ってください。

一方、相手先の学校園・団体等は保険について関与せず、参加する学生の皆さん自身で保険に加入する必要のあるボランティアも多々あります。
その場合はボランティアを開始するまでに、全国社会福祉協議会が提供する「ボランティア保険」への加入手続きを行ってください。

「ボランティア保険」に加入するためには、奈良市社会福祉協議会ボランティアセンターにて指定の用紙を提出し、保険料一人あたり350円を支払う必要があります。

指定の用紙はボランティアサポートオフィスで扱っておりますので、保険に入る必要が生じた際は用紙を取りに来てください。
※ボランティアサポートオフィス取扱い指定用紙の場合:保険料1人あたり250円(通常より100円引き)
必要事項記入後、奈良市社会福祉協議会ボランティアセンターへ各自で届け出てください。

※大学を介して参加するボランティアだけではなく【学生の皆さんが自主的に参加しているボランティアはすべて】保険の対象となります。
詳しくはボランティアサポートオフィスまでお問い合わせください。

「ボランティア保険」は申し込みをした翌日から【年度内のみ有効】であり、年度が変わればそのたびに更新する必要があります。
年度をまたいでボランティアに参加している場合は更新手続きを行ってください。

ボランティア募集情報

新着情報から探す

募集情報一覧ページから探す

ボランティア特集

一覧を見る

(一般・地域の方向け)学生ボランティアを募集したい方へ

ご挨拶

(2023年12月記載)
平素より大変お世話になっております。

これまで、奈良教育大学ボランティアサポートオフィスでは各団体・企業様からご依頼を頂戴し、学生の「派遣」を中心としたコーディネートを行ってまいりました。
しかしながら、今後は大学として地域社会の抱える課題により一層向き合い、また学生の活躍の機会を創出できるよう各団体・企業様との連携を深めたいと考えます。

「どうすれば学生に情報が届くのか」「学生の参加しやすいボランティアの形」などをより有効な募集に向けてご相談し、
「派遣する・受け入れる」の関係に留まらず、課題解決に向け日々取り組まれている皆様と「協働」することができれば幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

手続きについて

本学で学生ボランティアを募集するにあたって、すべての団体・企業様に「ボランティア団体登録」をお願いしております(年度内有効)。
ボランティア団体登録をしていただくことで、学内でのチラシ配架・掲示、ボランティアを希望する学生への紹介・マッチングが可能となります。

  1. 事前にお越しいただける日時をご連絡・ご相談ください。
    ※「お問い合わせ先」の電話番号、メールアドレスをご参照ください。
  2. 本学ESD・SDGsセンター内 ボランティアサポートオフィスにお越しください。
    ※下部記載の「ボランティア団体登録フォーム」「ボランティア募集情報フォーム」をご入力いただきます。事前に完了していただくことも可能です。
  3. チラシをお持ちの場合は、ご持参いただければ学内にて掲示・配架いたします。10~20部を目安にお持ちください。
  1. 下部記載の「ボランティア団体登録フォーム」「ボランティア募集情報フォーム」を完了ください。
  2. ボチラシをお持ちの場合は、学内に掲示いたしますので10~20部を目安にご郵送ください。
    ※データをメールでお送りいただくことも可能です。
  3. お電話またはzoomで、ヒアリングをさせていただきます。
  1. 年度末(およそ2月下旬~3月上旬)になりましたら、「募集継続アンケートフォーム」をメールにてお送りいたします。
  2. 必要事項をご入力いただきフォームを送信ください。
  3. 年度替わりにチラシを新しく差し替えられる場合は、別途郵送またはメールにてお送りください。

※「団体登録」フォームを出し直していただく必要はございませんが、ご登録いただいた内容に変更がございましたらお知らせください。

お問い合わせ先
ESD・SDGsセンター
ボランティアサポートオフィス
Tel & Fax:0742-27-9366
E-mail:volunteer