ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 教育・学生生活
  3. 学生生活・厚生関係
  4. 【学部生】
    入学料免除・徴収猶予制度、授業料減免制度

教育・学生生活

【学部生】
入学料免除・徴収猶予制度、授業料減免制度

授業料減免・入学料免除

 学部生(留学生を除く)については、令和2年度から、国が行う「高等教育の修学支援新制度」に移行することになり、「授業料(新入生については入学料も含む)の免除または減免」と「給付型奨学金」の支給がセットになった制度になります。

※こちらを参照してください。
「高等教育の修学支援新制度」について

在学生の方

※「授業料減免」および「給付型奨学金」の申請を希望している方は、4月、9月に「在学採用」の募集を行います。

新入生の方

※新入生は入学案内及び入学手続き時の説明に従ってください。
(なお、入学後の「在学採用」の申し込みも可能です。)

授業料減免の基準

【学力基準】

1年次

次のA~Dのいずれかに該当していること

  • A. 高等学校等における評定平均値が3.5以上であること
  • B. 入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2以上であること
  • C. 高等学校卒業程度認定試験の合格者であること
  • D. 学修計画書を求め、学修意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること

2年次以上

次のA又はBのいずれかに該当していること

  • A. 在学する大学等における学業成績についてGPA(平均成績)が上位1/2以上であること
  • B. 次の a)及び b)のいずれにも該当すること
    • a)修得単位数が標準単位数以上であること
    • b)学修計画書を求め、学修意欲や目的、将来の人生設計等が確認できること
学修計画書 はこちら

【家計に係る基準】

支援区分収入基準
第Ⅰ区分 本人と生計維持者の市町村民税所得割額が非課税であること
第Ⅱ区分 本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が100円以上25,600円未満であること
第Ⅲ区分 本人と生計維持者の支給額算定基準額の合計が25,600円以上51,300円未満であること

入学料徴収猶予

対象者

入学料の納付期限までに納付が困難で、次のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき選考のうえ、入学料の徴収を入学年度の2月末日まで猶予します。

  1. 経済的理由によって納付期限までに納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
  2. 入学前1年以内において、学資負担者が死亡し、又は入学者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、納付期限までに納付が困難であると認められる場合

申請日

入学手続日の当日

その他

入学料徴収猶予申請者は徴収猶予の可否が決定されるまでの間、入学料の納付は猶予されますので、納付しないでください。
徴収猶予許可願は、入学手続き関係書類に同封されています。

お問い合わせ先
奈良教育大学 学生支援課厚生担当
Tel:0742-27-9132
Fax:0742-27-9146
E-mail:service2

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.