保健体育専修 学部・大学院

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

実践的指導力のある保健体育・スポーツのプロフェッショナルを養成します。

学びのポイント

  • 1 少人数指導による学習の深まり

    それぞれの専門の授業は、少人数制で展開されるので、充実した教育を受けることができます。卒業論文の作成においても、1教員が2~4名の学生を担当するので、中身の濃い研究指導を受けることができます。

  • 2 副免許、資格取得

     カリキュラム上、小学校教諭、中学校・高等学校の保健体育教諭、さらには養護教諭の免許や、日本スポーツ協会認定 「コーチングアシスタント」、教育支援人材認証協会 「こどもサポーター(バルシューレ)」 の資格が取得できます。

  • 3 スポーツ指導経験の重視

    生涯スポーツの推進という広い視野をもつ保健体育教員を育成するために、スポーツ指導方法論や地域スポーツ実習の授業では、近隣の地域スポーツクラブや本学公開講座の子どもボール教室で指導をしています。

学びの領域

確かな保健体育の「理論と実技」に基づく「実践的指導力」を習得します

上図の3つの領域の学びから、保健体育やスポーツの社会的教育的重要性や学問としての体育・スポーツの価値を自らの身体を通して認識することができます。

保健体育専修の授業スケジュール

2回生後期の一例

  • スポーツ医学

    教員が知っておくべき現場に直結したスポーツ医学の知識ならびに技術を修得します。

  • 地域スポーツ実習

    総合型地域スポーツクラブにおいて、小学生にバルシューレ(基本的なボール運動)を教えることを通して、実践的な指導力を修得します。

  • 野外活動(雪上)

    雪上での実習において、スノースポーツの安全管理や指導法を獲得し、指導者としての資質の向上を図ります。

  • 野外活動(キャンプ)

    自然に親しみ、教育キャンプの知識や技能を高めるとともに、その基礎的指導法を習得し、併せて集団生活を通して人間的交流を行います。

在学生の声

「実践的な指導力と正しい知識を養う」保健体育専修4回生 佐藤 麻帆さん

保健体育専修では、運動やスポーツの楽しさを知り、その楽しさを子どもたちに伝える指導法を学ぶことができます。

1年生から2年生前期までは主に実技系の授業、2年生後期からは座学系の授業が中心です。実技系の授業では、専修の仲間たちと運動やスポーツの楽しさを共有しながら、実践的な指導力を身に付けます。座学の授業では、保健と体育に関する専門的な知識を学び、子どもたちに正しい知識と望ましい考え方について指導するための準備をします。そのようにして学び得た専門的知識と技量を、「教育実習」や「地域スポーツ実習」「野外活動」で試すことができます。

皆さんも保健体育専修で、最高の仲間たちと共に、楽しみながら保健体育について学びましょう!

主な開講科目

球技(基礎)/器械運動/水泳/表現運動・ダンス(体つくり運動を含む。)/体育心理学/運動学(運動方法学を含む。)/生理学(運動生理学を含む。)/学校保健/体育原理/中等教科教育法Ⅰ(保健体育)/障害者スポーツ論/保健体育演習

取得できる免許状

・〔初等教育履修分野〕小学校教諭一種 等
・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(保健体育) 等

卒業後の主な進路

 過去3年間(2018年度~2020年度)の卒業生62人中、過半数が教職についています。教職についた者の内およそ7割が正規採用、およそ3割が期限付き採用でした。また、全体 の11%が大学院に進学し、16%が公務員になっており、その他の卒業生は企業等に就職しています。

教員からのメッセージ

運動の苦手な子ども達を含め、全ての児童生徒が体育・スポーツを好きになる指導ができ、学校でヘルスプロモーション(健康保持増進)を推し進めるキーパーソンとなる教員の養成を目指しています。日本代表チームをサポートし、競技能力を向上させる研究・実践を行っている教員も複数います。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
保健体育専修
体育学 教授 高橋 豪仁 生涯スポーツ、スポーツイベントに関する研究
体育学 准教授 井上 邦子 スポーツ文化の身体文化論的研究
運動学 准教授 立 正伸 スポーツパフォーマンスの分析、ヒトの動作に関する研究
学校保健 教授 笠次 良爾 学校保健、スポーツ医学(整形外科)
学校保健 准教授 髙木 祐介 運動生理学、学校保健学、応用栄養学
保健体育科教育 准教授 宮尾 夏姫 体育科教育学,スポーツ教育学,教師教育