幼年教育専修 学部・大学院

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

誕生から、 乳幼児、 児童期にわたる子どもの発達を見通せる教育(保育)のプロを育てます。

学びのポイント

  • 1 幼稚園教諭に加え、保育士、小学校教諭の免許・資格の取得をめざす

     幼稚園・保育所・小学校といった種別を越えて、幼年期の子どもの発達と教育(保育)を長いスパンから捉え支える保育者や教師をめざします。とくに、幼稚園と保育所の一体化施設である認定こども園が増えつつある今日、0歳からの子どもに対応できる力の育成をめざします。

  • 2 からだとこころを動かし、理論と実践を学ぶ

    保育者・教師は、自分の思いや知識・技術などを子どもたちに伝える仕事です。そのため、「聞く・見る」といった講義形式の授業だけでなく、「語る・歌う」など、演習・実習形式の授業によって、身体を使って表現し、学びを伝える経験を重ねます。

  • 3 学外で実践を深め、地域とつながる

    奈良市内の幼稚園で保育の補助を行う「スクールサポート」、絵本をもって近隣の保育園や小学校に出かけ、子どもたちと絵本をよみあう「出張えほんのひろば」など、学内で学んだことを実践する場が、学外にも開かれています。

学びの領域

子どもを知り、保育のあり方を学ぶ4つの領域

右図の4つの領域から、就学前期の子どもの発達と教育(保育)を総合的に捉え、小学校教育との接続を意識した教育内容を編成する視点を養います。

幼年教育専修の授業スケジュール

3回生前期の一例

  • 幼年心理学特講

     乳幼児の他者理解などについて、心理学的な学びを深めます。実習でふれあった子どもの姿と重ねあわせて議論し、子どもを理解するための視点を培います。

  • 保育内容総論

    保育の歴史と現在についてグループワークや幼稚園観察などを通して理解を深め、私たちがめざすべきこれからの保育のあり方について考えます。

  • 子ども文化論

     子どもの遊びを豊かにするために必要な知識や技術を、実際に玩具や人形を作って遊んだり演じたりしながら、習得することをめざします。

在学生の声

「保育者になるための実践的な学びと学生生活の両立ができます!」幼年教育専修3回生 東川 美緒さん

奈良教育大学のキャンパス内には、奈良教育大学附属幼稚園があり、近隣には多くの保育園やこども園があります。そのため、乳幼児期の子どもの発達や保育について、授業を通して学び、その様子を実際に観察することによって実践に活かすことができます。実習は、2回生の保育実習と施設実習、3回生の教育実習があり、多くの経験を積むことができます。

また、少人数制のため、学生のみならず教員との距離も近く、普段の授業や実習のことだけでなく、日常生活についても相談に乗ってくださいます。

私は、幼稚園教諭一種の免許、保育士資格、小学校教諭一種の免許の取得を目指しながら、部活動やアルバイトなどの学生生活と両立させています。保育者になりたい、充実した大学生活を送りたいという方は、幼年教育専修で一緒に学びましょう!

主な開講科目

教育・保育とカリキュラム/社会福祉論/子どもの食と栄養/幼児理解(教育(保育)相談を含む。)/子どもと言葉/社会的養護内容/保育内容研究/子ども文化論/子ども家庭支援論/幼年教育総合研究/子育て支援/保育者論

取得できる免許状

・幼稚園教諭一種 ・保育士 等

卒業後の主な進路

幼稚園・保育所や認定こども園に採用されています。その他、小学校教諭・学童指導員など、幅広い場で活躍しています。いずれも大半が公立機関(公務員)です。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
幼年教育専修
幼年教育 教授 廣瀬 聡弥 子どもの遊び、保育における環境の役割、および保育者の熟達
幼年教育(児童福祉学) 特任講師 岩本 華子
幼年心理学 准教授 大西 賢治 子どもの心やさしさ、利他性に関する研究
特任助教 残華 雅子