ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
グローバルナビゲーションへ
サイトのご利用案内へ
  1. ホーム
  2. 在学生の方へ
  3. 学生生活
  4. 学研災・学研賠・付帯学総(全員加入保険等)

在学生の方へ

学研災・学研賠・付帯学総(全員加入保険等)

学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)

この保険は、学生が大学の教育研究活動中の事故によって傷害等を被ったときに救済のため設けられた全国的な災害事故補償制度で、本学では、事故が起こった場合に保険金の給付が受けられるよう、学生は全員加入となっています。

保険金が支払われる事故の範囲

(1).正課中

講義、実験、実習、演習または実技による授業中、それらに関する研究活動中

(2).学校行事中

大学の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式など教育活動の一環として行われる学校行事に参加している間

(3).(1)(2)以外で学校施設内にいる間

大学が教育活動のために所有、使用または管理している学校施設内にいる間

(4).学校施設外で大学に届け出た課外活動(クラブ活動)中

大学で認めた学内学生団体の管理下で行う大学に届け出た課外活動中

(5).通学中

大学の授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)への参加の目的をもって、住居と学校施設等との間を往復する間

(6).学校施設等相互間の移動中

大学の授業等、学校行事又は課外活動(クラブ活動)への参加の目的をもって、学校施設等相互間を移動している間

保険金が支払われない場合

故意、闘争行為、自殺、犯罪行為、疾病、地震、噴火、津波、戦争、暴動、放射線・放射能による傷害、無資格・飲酒運転、学寮にいる間、大学が禁じた行為・時間・場所のほか山岳登はん・スカイダイビング等これらに類する危険度の高い課外活動等。
尚、飲酒による急性アルコール中毒等急激・偶然・外来の条件を充足しない事故も対象となりません。

保険金の種類と金額
区分 正課中
学校行事中
 
通学中
学校施設等
相互間の移動中
 
学校施設内での
休息中、学校施設内外
での課外活動中
死亡保険金 1,200万円 600万円 600万円
後遺障害保険金 54万円~1,800万円 27万円~900万円 27万円~900万円
医療保険金 治療日数
1日~3日 3,000円
治療日数
4日~6日 6,000円
治療日数
7日~15日 15,000円
治療日数
14日~29日 30,000円
治療日数
30日以上の詳細は学研災のしおり参照
入院加算金
(180日限度)
入院の場合、1日につき4,000円を加算(180日を限度)
保険料と保険期間
保険期間 保険料
4年間 2,650円
2年間 1,400円
1年間 800円

※単位不足等で正規の最短修業年限を超過して大学に残る場合は、あらためてこの保険に加入してください。(保険料 1年間800円)

事故が起こったら

事故が生じた時、速やかに学生支援課厚生担当へ連絡してください。

学生教育研究賠償責任保険(略称:学研賠)

この保険は、国内において、学生が正課中、学校行事中及びその往復中で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したりしたことにより被る法律上の損害賠償を補償する制度です。ただし、臨床実習・看護実習等の医療関連実習、学校内施設での事故(正課中、学校行事中を除く)、課外活動は除きます。

補償の対象となる事故例

(1).国内において、学生が正課中、学校行事中及びその往復中に、次に掲げる事由により他人の身体に障害(障害に起因する死亡も含む。以下同様。)を負わせ、または他人の財物を破損(滅失、毀損もしくは汚損)させ、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合。

  1. 活動に伴い発生した偶然な事故
  2. 活動に伴って提供した財物(飲食物に限る)に起因する偶然な事故

(2).国内において、学生が正課中、学校の行事中及びその往復中に伴って占有、使用または管理する受託物の偶然な事由による損壊、紛失又は盗取(詐欺を含む)により、受託物に対し正当な権利を有する者に対し被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合。

補償の対象とならない主なケース

  1. 被保険者の故意による事故
  2. 被保険者の心神喪失に起因する事故
  3. バイク・自動車・昇降機・航空機・船舶・車両もしくは動物の所有・使用・管理に起因する事故
  4. 戦争・変乱・暴動・騒擾・労働争議による事故
  5. 被保険者と他人との間に損害賠償に関する特別な約定がある場合においてその約定によって加重された賠償責任事故
  6. 地震・噴火・津波による事故
  7. 生産物又は仕事の瑕疵に起因する当該生産物または仕事の目的物の損壊自体の賠償責任
  8. 排水・排気に起因する事故
  9. 自転車・バイク・自動車・航空機・船舶・車両・動物・楽器・紙幣・有価証券・美術品・設計書などその他これらに類する受託物の損壊、紛失、盗難等
補償金額と保険料
補償内容等 補償金額等
対人賠償、対物賠償支払い限度額 対人賠償と対物賠償合わせて1事故につき1億円限度(免責金額0円)
保険期間 保険料
4年間 1,360円
2年間 680円
1年間 340円

※免責金額とは、お支払いする保険金の計算にあたって損害の額から差し引く金額を言います。免責金額は被保険者の自己負担となります。

事故が起こったら

ア.事故の報告

保険対象の事故が生じた時は、速やかに電話で、東京海上日動学校保険コーナー(フリーダイヤル0120-868-066)及び学生支援課へ以下の内容を連絡してください。

  1. 自分の氏名、年齢、所属先の大学名
  2. 事故発生日・時刻
  3. 事故発生場所
  4. 被害者の氏名、年齢
  5. 事故の原因
  6. 被害(傷害、損壊等)の程度
イ.被害者との示談

示談交渉は、加害者である学生本人が行うことになりますが、賠償事故は、一般的に加害者の一方的な過失によるものは少なく、被害者自信にも過失のあるものや不可抗力によるものが多いため、示談に際しては事前に保険会社と充分に相談してください。
賠償金は被害者の過失割合や、他の者の責任割合等を勘案して決定されます。

ウ.保険金の請求

被害者との示談が成立後、学生支援課厚生担当で保険金の保険金請求書(兼事故証明書)を受け取り、必要事項記入の上、改めて学生支援課に提出してください。

修業年限超過の場合

保険期間は4年間ですので、単位不足等で修業年限を超過して大学に残る場合、あらためてこの保険に加入してください。なお、加入する際は、同時に学研災にも加入してください。

保険料
1年間340円

学研災付帯学生生活総合保険(略称:付帯学総)

この保険は、全員加入である学研災及び学研賠では補償されない正課・学校行事中の枠を超えた活動中も補償(学内外を問わずキャンパスライフを24時間補償)される任意加入の保険です。
補償内容など詳細については、パンフレットで確認してください。

加入を希望される方にはパンフレットをお渡ししますので、学生支援課厚生担当にお越しください。
加入時期、加入タイプ、補償内容(オプションの有無)によって保険料が異なりますので、事前に「取扱代理店 学生生活総合保険相談サービス TEL 0120-811-806」にお問い合わせ願います。

お問い合わせ先
学生支援課厚生担当
Tel:0742-27-9132  
Fax:0742-27-9146  
E-mail:service

PAGE TOP

奈良教育大学
〒630-8528 奈良市高畑町

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.