技術教育専修 学部・大学院

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

「技術立国ニッポン」を支える「ものづくり」を推進する高い技術力を備えた教員を養成します。

学びのポイント

  • 1 ものづくりに関する幅広い分野について学ぶ

     中学校技術・家庭(技術分野)は木材 加工、金属加工、機械、電気、情報、栽培の6つの分野から構成されています。本専修ではこれらの幅広い分野について基礎から応用まで学びます。

  • 2ものづくりに必要な理論を身に付ける

     ものづくりを正しく行うには理論的基礎を身に付けておくことが必要です。本専修では木材工作理論、金属工作理論、機構学、電気基礎、情報基礎、栽培学原論など、ものづくりに関する多数の講義科目を開講しています。

  • 3 ものづくりの実習を通して実践力を身に付ける

     本専修には材料工作実習、金属工作実習、機械実験実習、電気実験実習、情報技術実習、栽培実習など多数の実習科目があります。これらの実習を通して工作や栽培の実践力を培います。特に少人数による徹底した実習によって、高い技能を身に付けることを特長としています。

学びの領域

4本柱で支える技術教育

技術教育の4本の柱をバランスよく学びます。

技術教育専修の授業スケジュール

3回生前期の一例

  • 情報技術演習

    Excel VBAを用いてプログラミング演習を行っています。

  • 材料工作設計

    木製品の設計を行うにあたって必要な基本的事項を学び、製作過程で設計が重要であることを理解します。今回は額縁を製作しています。

在学生の声

「少人数だからこそ学べる“ものづくり”」 技術教育専修3回生 荊木 拓さん

技術教育専修では材料と加工、エネルギー変換、生物育成、情報を中心として、実習を交えながら、ものづくりの素晴らしさを実感しつつ、それを子ども達に伝えていく力を修得することができます。

この専修では、他の専修と比べて少人数で学ぶことができます。これにより、ひとりひとりが主体的に学びながらも、協力しあって活動を進めていけるような土壌が整っている、ということは魅力の1つと言えます。また、人数が少なく先生方との距離が近いため、意欲的にチャレンジすれば、それに親身に応じていただける、ということも魅力の1つです。

こうした魅力のある環境─技術教育専修で、“ものづくり”を一緒に学びませんか。

主な開講科目

木材工作理論/ものづくり学/栽培学原論/電気基礎/機械実験実習/情報技術実習/情報基礎/栽培実習/電気実験実習/金属工作実習/材料工作設計/栽培環境学

取得できる免許状

・〔中等教育履修分野〕中学校教諭一種(技術) 等

卒業後の主な進路

中学校教諭(技術)、小学校教諭、高等学校教諭(工業)が主な進路です。その他、公務員、企業、大学院への進学など、活躍の場は幅広くあります。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
技術教育専修
技術科教育 特任教授 谷口 義昭 木材加工用教材の開発研究
電気 教授 薮 哲郎 電気・情報分野の教材開発、技術教育
栽培 准教授 箕作 和彦 栽培技術の研究と開発
技術科教育 准教授 世良 啓太