英語教育専修 学部・大学院

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

国際コミュニケーション言語の英語、および英語圏の文化に焦点を当て、国際的視野を備えた教員を育てます。

学びのポイント

  • 1 実践的コミュニケーション能力の養成とその効果的な教え方について学ぶ

    各授業を通して、英語の「読む、書く、聞く、話す」 の四技能を伸ばし、実践的コミュニケーション能力を育てます。また実践的コミュニケーション能力を伸ばすための教え方を学びます。

    学校教育現場で必要な英語コミュニケーション能力を養成します。

  • 2 言語の本質や異文化理解について学ぶ

    すぐれた英語教員になるためには、十分な 英語運用能力だけではなく、言語の本質や言語文化についての一定の見識を身につけることが必要です。そこで、人間の言語にはどのような特徴があるのか考え、また言語と密接な関係にある文化や文学面から人間理解を試みます。さらに、異文化理解とは何かについて、さまざまな視点から学びます。

  • 3 思考力を基礎にした発信力を学ぶ

    グローバル化した社会における教育実践力を高めるため、英語による卒業論文作成などを通して、考える力、まとめる力、発信する力を習得します。

     論理的で簡潔な英語の発信を通して、教室で必要な英語運用能力を獲得します。

学びの領域

ことばと教育、文学、国際理解教育のあり方を学ぶ4つの領域

これら 4 つの 領 域から「ことば」を捉え、探求する姿勢を養います。

英語教育専修の授業スケジュール

2回生前期の一例

  • 英作文I

     グローバルな立場に基づき世界を把握するために、さまざまな視点からの英作文を行います。

  • 英文法演習

     人間の言語知識について考えます。高校で学ぶ英文法とは異なる世界が楽しめます。

  • 実践英語研究I

     インタラクティブな活動を通し、日常及びアカデミックな状況に対応する高度な英 語運用能力を身につけます。

  • 言語文化研究I

    言語と文化の関わりをいろいろな視点から探求し、広い視野と柔軟な発想を身につけます。

在学生の声

「奈教だから身につけられる、英語力と教師力。Experience a wonderful life in Nara!」 英語教育専修4回生 下原 舞さん

奈良教育大学の英語教育専修では、英語教育や国際理解教育を実践的に学べるだけでなく、ことばそのものに視点を当てて学習する英語学や、イギリスやアメリカの文学を読んだり味わったりできる英米文学も学んでいます。どの授業でも先生との距離が近く、気軽に質問ができるため質の高い学びが得られますし、模擬授業やプレゼンテーション、グループワークなど数多くの活動を英語で経験することができます。教員の英語力向上が求められる今、英語 の「読む、書く、 聞く、話 す」 の四技能と実践的なコミュニケーション能力を伸ばすことのできる奈教だからこそ経験できる事が沢山あります。英語教師を目指すなら奈良に。一緒に楽しく学びましょう!

主な開講科目

英語学概論/英米言語文化論/英米文学作品研究/国際英語文化教育論/音声学・音韻論/英会話I・II/実践英語研究I・II/国際理解教育演習I・II/英米文学特講/異文化理解研究/言語コミュニケーション論/言語文化研究I・II

取得できる免許状

・中学校教諭一種(英語) 等

卒業後の主な進路

年度により若干のばらつきはありますが、教員(小学校、中学校、高等学校)が主な進路です。教員の他には、会社員や公務員として就職したり、大学院に進学する学生もいます。例年卒業生のほぼ全員が教職、公務員、大学院等希望通りの進路に進んでいます。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
英語教育専修
英語科教育 教授 佐藤 臨太郎 第二言語習得研究 英語教育学
英米文学 教授 門田 守 19世紀イギリス詩及び小説の研究
英語学 教授 米倉 陽子 文法化・主体化・意味変化に見られる規則性
実践英語教育 准教授 アムンルド トーマス マーティン 言語学、外国語教育、談話分析