書道教育専修 学部・大学院

大学基金
大 学
基 金
奈良教育大学基金
資料請求
資 料
請 求
資料請求
学部・大学院

書道という伝統文化を用い、情緒豊かで社会に貢献できる生徒を育成する教員を育てます。

学びのポイント

  • 1奈良という恵まれた環境

     奈良は、書道に関する文献資料が、正倉院をはじめ、多くの寺社や博物館に納められており、公開の機会は多くあります。また、墨や筆の製造は奈良がわが国を代表するものであり、ことに製墨業においては現在も全国生産の殆どを担っています。その製作過程を見学し体験することも可能です。このように、奈良は書道を学習する者にとって最も適した環境にあると言えます。

  • 2 高等学校芸術科書道の免許取得

     書道教育専修では高等学校芸術科書道の免許が取得できます。高校現場で直ぐに教育実践できる力を養うため、漢字・仮名・漢字仮名交じり文・篆刻・生活書式法・中国書道史・日本書道史・書道理論・書道科教育法などの指導力を培う授業が展開されています。

  • 3 書家としての実力をつける

     学外では、全日本高校・大学書道展で毎年最高賞を受賞したり、日本学生・生徒・児童書道展覧会(通称「日本学書展」)で上位入賞し、学内では奈良教育大学書道展、各回生別学内展などを催し、作品制作力を養成します。

学びの領域

芸術科書道教員としての資質を磨く3つの領域

2年次までに各領域の基礎を学び、3年次以降は各自が専門領域に選んだ研究室で学び、その成果を卒業論文としてまとめます。

書道教育専修の授業スケジュール

非対面授業でなかった場合の時間割

  • 書道(書写を中心とする。)

    正しく整った文字の書き方を習得し、「書写」を指導できる力量を身につけます。

  • 書道理論

     様々な書道理論を幅広く学ぶことにより、自らの書道に対する考えを確立します。

  • 仮名書法論

     仮名の書法を、主に平安時代の作品から学びます。まねをして書くことで、筆者の気持ちになり、自然と筆遣いや構成の仕方が身につきます。さらに個別添削で確実な習得を目指します。

在学生の声

「古都奈良の地で書道を深く学ぼう!」書道教育専修3回生 小槻 茉以さん

書道教育専修では、書道の歴史について学んだり、作品制作・作品鑑賞を通して、様々な書風や書体を深く学ぶことができます。作品を制作する上で欠かせない、墨づくりや筆づくりの見学など、書道道具についても学びを深めることができます。

また、授業以外では、技術面の向上のために、多くの展覧会にも出品しています。昨年はコロナウイルスの影響で開催することができなかった「フレンドシップ事業」では、高校生を対象に、私たち大学生が書道を教え、教員になるための能力を養うなど、様々な活動を行っています。先生方からのご指導はもちろん、同じ専修の仲間と切磋琢磨しながら、充実した大学生活を送ることができます!

書道好きの方!ぜひ、私たちと一緒に書道教育専修で書道を学びましょう!

主な開講科目

楷書法/仮名書法論/書道史I/行書法/古筆研究II/篆刻法/漢字条幅研究/仮名創作法I/書道理論/漢字作品研究I/仮名作品研究II/生活書式法

取得できる免許状

・高等学校教諭一種(書道) 等

卒業後の主な進路

過去の卒業生の内大学教員になったものは30名以上、また、奈良県下、大阪府下共に、高等学校書道教員の半数以上が本学出身者であるという実績があり、ここ数年の卒業生は、小・中・高等学校の教員や、期限付き教員として採用されました。その他、公務員、企業、大学院への進学などです。

教員および専門分野

分野 職名 氏名 研究題目
書道教育専修
書道 教授 豊田 宗児 漢字(古代文字)
書道(書学・芸術学) 教授 萱 のり子 日本の芸術論、鑑賞論、書教育の実践研究
書道(仮名) 准教授 北山 聡佳 仮名書道、初学者(子ども、外国人など)のための平仮名教育、書写書道教育