第1回「スポーツ医学講座」(ドーピング、熱中症) 公開日  :  2014-05-12 11:12

新着情報

第1回「スポーツ医学講座」(ドーピング、熱中症)

内容

夏のスポーツ活動中の熱中症を予防するための対策、ならびに近年身近になっているドーピング検査について、主に選手を対象としてわかりやすく説明します。もちろん、スポーツに関心のある一般市民や学校教員にも役立つ内容です。講師は整形外科医師で、日本トライアスロン連合メディカル・アンチドーピング推進委員会副委員長を務め、大会救護に長年関わっています。奈良マラソン救護班メディカルチーフも担当しています。

>>詳細チラシはこちら(121KB)をごらんください。

日時

5月31日(土)

14時~17時30分

場所

本学大講義室

対象 大学生~高校生、教員、一般市民
講師

笠次 良爾 本学教授

受講料/定員

無料

定員:150名(先着順)

申込方法/期間

件名を「スポーツ医学講座受講申込」としていただき、本文に「住所」「氏名」「年齢」「性別」をご記入の上、Eメールにて下記アドレスまでお申し込みください。なお、近畿学生トライアスロン連合に所属する学生は、「所属大学名」「トライアスロン近畿学連」と併せて必ず記してください。

お問い合わせ/
お申込み先

<お申込み先>
Eメール kasanami

<お問い合わせ先>
本学 保健体育講座 笠次良爾(かさなみりょうじ)
電話/FAX 0742-27-9233(研究室直通)

最終更新 : 2022-02-28 16:51