[教授]石田 正樹 (ISHIDA Masaki)

大学紹介
職名・氏名 [教授] 石田 正樹 (ISHIDA Masaki) 
          [教授]石田 正樹
          (ISHIDA Masaki)
連絡先 TEL:0742-27-9198
FAX:0742-27-9198
MAIL:masaki
最終学歴 広島大学大学院生物圏科学研究科博士課程修了(1992)
博士(学術)(広島大学1992) 1964年生
所属 理科教育講座(生命・地球科学)
専門分野 細胞生物学
主な担当授業
  • 動物生理学
  • 生物学概論
  • 生物学実験
  • 系統学実験
  • 生体機能論II(大学院)
主な業績
  • Ishida, M., Aihara, M. S., Allen, R. D., Fok, A. K.(1993) Osmoregulation in Paramecium: the locus of fluid segregation in the contractilevacuole complex. J. Cell. Sci., 106, 693-702.
  • Ishida, M., Fok, A. K., Aihara, M. S., Allen, R. D. (1996) Hyperosmotic stress leads to reversible dissociation of the proton pump-bearing tubules from the contractile vacuole complex in Paramecium. J. Cell Sci., 109, 229-237.
  • Ishida, M., Allen, R. D., Fok, A. K. 2001. Phogosome formation in Paramecium: roles of cilia and solid particles. J. Euk. Microbiol., 48(6): 640-646.
  • Ishida, M., Aihara, M.S., Allen, R.D., Fok. A.K. 2011. The native structure of cytoplasmic dynein at work translocating vesicles in Paramecium. Eur. J. Cell Biol., 90, 81-92. (w/ cover picture)
  • Ishida, M., Hori, M. Ooba, Y., Kinoshita, M., Matsutani, T., Naito, M., Hagimoto, T., Miyazaki, K., Uedaa, S., Miura ,K., and Tominaga, T. 2020. A functional aqp1 gene product localizes on the contractile vacuole complex in Paramecium multimicronucleatum. J.Euk. Microbiol., (in press).
    DOI: 10.1111/jeu.12843

研究と教育について

 研究のテーマは,原生動物を用いた細胞生物学であり,原生動物を材料に研究して来た課題は多岐にわたります。細胞の光受容により誘導される細胞変形運動,細胞の浸透圧調節,食胞形成に伴う膜の輸送,食胞膜置換の動態,さらには概日リズムや生殖に伴う核分化の機構といった課題であります。

 現代生物学の進歩は目覚ましく,蓄積された知識は指数関数的に増加し,そこに使われる技術も多種多様であります。これからの生物学者に求められるものは,やはり独自性と創造性であり,これは他人から与えられるものではありません。また,そうした学問を教える教師においても,大学教官の研究課題を与えられて研究するのではなく,より主体的に,より自由な発想のもとに,本学の学生(将来の教師)が自ら考え,自らが学ぶ姿勢が必要なのであると考えています。

所属学会
  • 日本比較生理生化学会
  • 日本動物学会
  • 日本原生動物学会
学会活動
  • 日本動物学会近畿支部会委員 12-2005.12
  • 日本原生動物学会編集委員長 11-2012.10; 2022-現在
  • 日本原生動物学会評議員 11-2015.10; 2018-現在
個人のページ
カテゴリ   :   理科教育講座
最終更新 : 2022-04-07 17:24