篆刻法(美術教育講座・書道 豊田 宗児) 公開日  :  2021-11-02 08:30

奈良教育大学
Knowledge

篆刻法(美術教育講座・書道 豊田 宗児)

 今月の『奈教の授業』では、「篆刻法」を紹介します!

 

講義の基本情報〉
 ・対象学年:2回生(後期)・高等学校芸術科書道 免許取得必修科目

 ・受講者数:16~20名

どんな授業?

 この授業の目標は高等学校教育現場で,篆刻指導ができる知識と力量を培うことです。自分の作品に自ら刻した落款印を作製することが最低目標です。
「篆刻」と言えば工芸的な要素が強く,これが書道の一分野に属していることに疑問を持つ人もいるかもしれませんが,文字を扱いその筆法と章法を方寸の小さな世界に展開することはまさに書法です。
 授業では,名印(朱文)・姓名印(白文)・暑中見舞い用の印・住所印・年賀状に使用する干支印等を彫ります。印稿の作り方や印材への布字の仕方,刀法を指導できる力を身に付けます。また,印譜の作り方を学び学校現場で印譜の作成指導ができる知識を身につけることを到達目標として展開する授業です。
 各授業の前に,銅印や中国近現代の作家の刻した印の印面及び印影を鑑賞します。

授業の流れ

授業全体の流れ

  1. 授業に必要な用具や授業の流れを説明します。
  2. 名印・姓名印の2つの印稿の作り方を学びます。
  3. 名印(朱文)Ⅰ 印稿を作り,印面に布字します。
  4. 名印(朱文)Ⅱ 名印を刻します。
  5. 姓名印(白文)Ⅰ 印稿を作り,印面に布字します。
  6. 暑中見舞い用の印Ⅰ 印稿を作り,印面に布字します。
  7. 暑中見舞い用の印Ⅱ 暑中見舞い用の印を刻します。
  8. 住所印Ⅰ 印稿を作り,印面に布字します。
  9. 住所印Ⅱ 住所印を刻す。次時の干支印の印稿を作りは宿題とします。
  10. 干支印 干支印を刻します。
  11. 印譜作成の手順を学びます。
  12. 印譜作成Ⅰ 押印作業をします。
  13. 印譜作成Ⅱ ページ揃えをします。
  14. 印譜作成Ⅲ 仮止めと表紙作成及び、題箋・封面揮毫をし,裁断作業をします。
  15. 印譜作成Ⅳ 穴あけと和綴じ糸通しをし,題箋を貼り付け印譜を完成させます。完成した印譜のチェックを受けることでレポート提出とします。

授業の様子

 授業始めに本時の説明後は,各自の作業に入ります。印稿および印影添削等は個人指導が主になります。各自手順に従い作業を進めています。印譜作成は欠席者がいると全体の作業が滞りますから事前課題の遂行が必要です。

 

IMG_8619.JPG
中国近現代の作家の作品

1.jpg
作製した印譜

2.jpg
銅印

IMG_8630.JPG IMG_8626.JPG

IMG_8634.JPG IMG_8599.JPG
授業の様子

側款の技法動画

担当教員よりメッセージ

 「彫る」という行為は人間が持っている本能ではないかと感じます。エジプトのヒエログリフ・メソポタミアの楔形文字・中国の甲骨文はその行為によって現在に残されています。
 自ら刻した印が数百年以上後の世界に残ることを想像するとロマンが広がると思います。
 楽しく印を刻してもらいたいと思います。


美術教育講座 教授 豊田宗児

 ※この記事は、2021年10月現在の情報をもとに作成されています。

 記事をお読みいただきありがとうございました!ぜひなっきょんナレッジに関するアンケートにもご協力ください。

カテゴリ   :   奈教の授業
最終更新 : 2022-03-23 15:45